NPO法(特定非営利活動促進法)の改正について

 本日、参議院でもNPO法(特定非営利活動促進法)の一部改正法案が可決され成立の運びとなりました。2国会をまたいだ改正法案が成立し、超党派のNPO議員連盟事務局長として責任を果たせ、ほっとしています。前回は、寄付金の税額控除などの大きな改正でしたが、今回は、NPO法人の便宜を図ると同時に、マネーロンダリング対策や情報公開を進めるなど、主に技術的な改正が中心になりました。以下、今回の改正の内容をご報告します。

 まず、認証法人の制度に関する改正です。

1.認証申請の添付書類の縦覧期間を現行の2月から1月に短縮するとともに、現行の公告に加えてインターネットによる公表を可能とします。
  
2.情報公開の観点から、NPO法人は、貸借対照表を公告しなければならないものとします。その結果、NPO法人の登記事項から「資産の総額」を削ります。

 なお、NPO法人は、公告の方法として、次の①~④の方法のいずれかを定めることができるものとします。

   ① 官報に掲載する方法
   ② 日刊新聞紙に掲載する方法
   ③ 電子公告(内閣府ポータルサイトを利用する方法を含む。)
   ④ 公衆の見やすい場所に掲示する方法

3.NPO法人などは内閣府ポータルサイトにおける情報の提供が可能なのですが、現状その利用が少ないので、所轄庁及びNPO法人は、内閣府ポータルサイトにおいて、一定の情報の公表に努めるものという努力規定を入れます。

4.NPO法人が事業報告書等を事務所に備え置く期間を、現行の「翌々事業年度の末日までの間」から「作成の日から起算して5年が経過した日を含む事業年度の末日までの間」に延長するとともに、NPO法人から提出された事業報告書等を所轄庁において閲覧・謄写できる期間を、現行の「過去3年間」から「過去5年間」に延長します。これは、マネーロンダリング対策として、FATF(Financial Action Task Force)というOECDの機関によって勧告された内容を法改正に盛込んだものです。

 次に、認定制度・仮認定制度に関する改正は次の通りです。

1.海外への送金又は金銭の持出しに関する書類の所轄庁への事前提出は、不要とします。なお、認定・仮認定NPO法人に対し、送金等の金額にかかわらず、上記書類の毎事業年度1回の所轄庁への事後提出を義務付けるため、内閣府令を改正します。

2.認定NPO法人が役員報酬規程等を事務所に備え置く期間を、現行の「翌々事業年度の末日までの間」から「作成の日から起算して5年が経過した日を含む事業年度の末日までの間」に延長するとともに、認定NPO法人から提出された役員報酬規程等を所轄庁において閲覧・謄写できる期間を、現行の「過去3年間」から「過去5年間」に延長すること。これも、前期のFATFのマネーロンダリング対策に関する改正です。

3.「仮認定」NPO法人では、「仮免許」のようで、イメージが悪いという皆さんのご意見を受けて、「仮認定」NPO法人の名称を「特例認定」NPO法人に改めます。

 以上、3年に一度、NPO法を現状に合わせて見直すという附則の規定に基づく改正ができました。

 6月28日(火)に、都道府県、政令指定都市など所轄庁への説明会が行われます。

 政令や内閣府令は夏頃作成、地方議会での条例改正は秋頃の予定です。なお、一部を除き、公布後1年以内に改正法が施行されます。

 私たち、NPO議員連盟では、次の3年間で、実情に合わない条文を見直したり、税制の拡充などに取組んでいきます。関係者の皆さん、応援よろしくお願い申し上げます。

子育て環境を取り巻くより良い社会の構築を目指して。

(芝生の上でのオープンなパネルの模様。)

 5月29日(日)、岩出市緑化センターで、第5回くーるまま女性応援フェスタが開かれました。

 「子育て環境を取り巻くより良い社会の構築」をテーマにしたパネルに参加。

 パネリストは、鶴保庸介参院議員、西風章世和歌山市議、上垣内美由紀さん、金川あずささん。モデレーターは主催の赤松由美子さん。

 赤松さんは、自然食カフェ「ノートルココエ」を夫婦で開き、女性向けの料理教室や交流サロンを行っています。

 『子供のいる女性が何かを始めたいと思っても、家族やお金をどうするか?そして、本当に、起業に役に立つ情報がないなどさまざまなハードルがある。』とのこと。

 今、赤松さんはNPOココエなどを通じて、女性の起業推進をされています。和歌山県の商工労働部の経営支援班ともコラボしておられます。

 そのためにママさん達のご縁をつなぐイベントが、5回目になった「くーるまま~ココエ~Mama力女性応援フェスタ」です。

 素敵なママと女性の活動の場を拡げる、物販、飲食などの出店ブースとヨガや音楽のステージパフォーマンスやチヤィルドマナーのワークショップなど盛りだくさんの内容です。

 私たちのパネルもその中の一つで、政治家とママさん代表の皆さんとの意見交換。 

 「他府県から来た女性は、子育てのことを相談できる相手がいないので、身近なママサポート的な仕組みが欲しい。」 

 「第二子を妊娠した際に上の子を預かるサービスなど核家族を前提にした子育て応援の施設をつくるべき。」

 「近隣の複数企業で企業内保育所がつくれないか。女性が起業しやすいように、在宅や子連れワークなどが可能にあるようなインフラ整備をお願いしたい。」

 など、具体的な提案をいただきました。

 私は、行政であれば、児童相談所や保健所の機能を充実する必要があるし、NPOがそのようなニーズに応えるために税制などで応援することが重要だと申し上げました。

 ただし、魔法の杖はないので、時間がかかるけれど着実に一歩一歩進めることです。

 西風市議とは意見が合ったのですが、保育サービスの中でも「保育ママ」の制度を充実し、弾力的に運用していくことが何より急がれます。もちろん、鶴保参議院議員のご指摘の「保育の質の確保」という課題が「保育ママ」さんにも適用されるのは当然です。

 1時間足らずの短い時間でしたが、有意義なパネルになりました。関係者の皆さんに感謝申し上げます。

消費税率引上げの再延期について

(衆議院事務総長に「消費税率の引上げ延期法案」を提出。)

 5月25日(水)、衆議院事務総長に「消費税率の引上げの延期及び給付付き税額控除の導入等に関する法律案」を提出しました。

 2014年に安倍内閣は消費税の10%引上げを1年半延期し、そのことを理由に衆議院解散総選挙を実施。

 その際、必ず消費税引上げを可能にするよう政策運営を行うことを約束し、景気弾力条項を付けることはしませんでした。

 その後、実質賃金マイナスが続き、個人消費が冷え込んでいます。アベノミクスによる円安で、家計から大企業への所得移転が起きたからです。

 10%への引上げができる経済状況をアベノミクスによって実現するという安倍政権の公約が失敗したことは明らかです。

 安倍総理は、伊勢志摩サミットの場で、リーマンショック前と同じような世界経済のリスクがあるとの理由で、財政出動を約束しました。

 アベノミクスの失敗を覆い隠し、世界経済のリスクのせいにするつもりです。いくら何でも、それは言い過ぎでしょう。IMFの世界経済見通しは2016年3.2%、17年3.5%です。原油価格も50ドル近くまで戻し、アメリカの中央銀行FRBは利上げを検討しているくらいですから、リーマンショック前と同じとはひど過ぎます。

 私たちは、安倍内閣の責任を追及するためにも、消費税引上げを再延期する法案を提出しました。

 これは、参議院選挙をにらんだ布石でもあります。

 元々、私たちは百害あって一利なしの軽減税率を前提にした消費税には反対でした。ここは譲れません。したがって、法案の中では、低所得者に食料品の消費税分の還付を行うことを提案しています。

(記者会見の模様。)

 しかし、私は、個人的には次のような政策がベストではないかと考えています。

 まず、予定通り来年4月に消費税を10%に引上げます。従来は、このうち1%分は低年金対策や子育て支援に使い、残りの1%分は赤字国債を減らすために使う予定でした。

 そもそも、前回5%から8%に上げた時の3%分は社会保障のための赤字国債を減らすために使われました。

 つまり、引上げの5%の内、国民には直接の見返りが1%分しかなかったのです。

 次世代への借金を減らすことは重要なことですが、今の国民に増税を納得してもらうためには、目に見えたメリットを提供する必要があります。そうすれば、さらに消費税を引上げる時に、国民が賛成しやすくなるはずです。

 前にもこのブログで提案しましたが、世帯の所得にかかわらず、すべての子どもの教育と医療を無料で現物給付することが豊かで活力のある社会をつくるために必要です。

 1%2.7兆円の財源で、国公立大学の授業料無償化(約4000億円)と私立大学学生には一定の給付型奨学金(たとえば約6000億円)、そして残りの財源の範囲(約1.7兆円)で子どもの医療費無料化を行ってはどうでしょうか。

 プライマリーバランスの黒字化目標は数年遅らせることになりますが、財政再建は目的ではありません。国民の幸せな生活が目標であるべきです。

 何より、株価が1万6千円台で、完全雇用に近い失業率3.2%でも消費税が引上げられないのなら、何時になっても引上げなどできません。

 安倍内閣は、さらに補正予算を組んで借金による公共事業をバラマクつもりです。

 そんなことをしても、経済の力は強くなりません。

 消費税を上げるけれども、その財源すべてを使って子どもに投資すれば、子ども達の能力が花開き、結果として経済は成長します。少し時間はかかりますが、アベノミクスという魔法の呪文を唱えるよりも地道な政策を続けていくことを提案します。

野党統一候補は共闘か野合か?

(BS日本テレビの深層ニュースに出演中。)

 5月24日(火)の午後10時から、BS日本テレビの「深層ニュース」に生出演しました。

 テーマは共産党との選挙協力について。

 安倍政権を倒すために、参院選の一人区32すべてで野党統一候補ができました(佐賀は今週末に決定。無所属16人、民進党公認が16人、共産党公認が1人)。

 与党はこれを野合と批判し、野党はこれを共闘と言います。言葉遊びは別にして、野党同士で票を食い合うことをやめ、与党の議席を一つでも減らすことは合理的な行動です。

 今まで、できなかったことの方が問題です。

(BS日本テレビの深層ニュース小西美穂キャスターと。)

 番組では、北海道5区の補欠選挙が野党統一候補のサクセスストーリーと紹介されましたが、私は違う意見です。

 民進党をはじめ各政党はそれぞれ支持者の9割を固めました。その上、池田まき候補は無党派層の7割の支持を集めました。それでも勝てなかったことが問題なのです。

 原因は、民進党の支持率が低過ぎることに尽きます。

 参議院の一人区や衆議院小選挙区で勝つためには、民進党の支持率を増やすか、自民党など保守系の票を増やすしかありません。

 ダブル選挙の可能性は未知数ですが、衆議院総選挙は政権選択選挙です。

 基本政策の異なる共産党と連立政権は組めませんから、参院選の協力と衆院選では自ずと異なってきます。

 衆院選では、政策協定をして推薦し合うというわけにはいきません。今後の道行には知恵と工夫が必要です。

(BS日本テレビの深層ニュースに共産党の小池晃参議院議員と出演。)

 まず、当面の課題として、立憲主義に反する安倍政権を倒すためには野党の選挙協力が必須です。しかし、私たち民進党は保守二大政党政治を目指し、あくまでも単独で政権奪取することを目標にしています。

 民進党への失われた信頼を取り戻すのに魔法の杖はありません。

 理念と政策に磨きをかけて、一つ一つ歩を進めていくことに努めます。

 まずは、参院選のマニフェストつくりが最大の山場です。

2016 岸本周平感謝の集い

(国政報告をする岸本周平)

 5月22日の日曜日の夜、「2016岸本周平感謝の集い」を開いたところ、お出ましにくい時間にも関わらず、500人を超える善男善女の皆さんにご参加いただくことができました。

 毎年3月頃に、和歌山市内のホテルでテーブルバイキングの形式でパーテイーを開いています。

 今年は、参議院選挙の年で、ダブル選挙もあるとの想定で、5月の連休明けに企画しました。

 私の後援会の特色は、草の根の活動を反映して、個人お一人お一人のつながりででき上がっています。

 おかげさまで、ほのぼのとした温かい会合になりました。 

(全員で乾杯。)

 私の国政報告に加え、今回のハイライトは、高校生社長で有名な和歌山大学観光学部3回生の小幡和輝さんとの対談です。

 彼の略歴をHPから抜粋すると、概略次の通りです。

 『10年近く不登校を経験。和歌山県立耐久高校定時制に入学し、さまざまな人と出会い人生が大きく変わる。

 2013年2月に合同会社和ーなごみを起業し高校生社長となり、3月には日本初となる高校生だけで経営するカフェ「ESPOIR」を設立。
 
 2014年には元ライブドア代表取締役社長の堀江貴文氏を和歌山に招き講演会を主催。

 2015年には世界的な学生起業家のプレゼンテーションアワードであるGSEA(Global Student Entrepreneur Awards)で日本予選・アジア予選を通過。ワシントンD.Cで開催された世界大会に日本代表として出場。』

 (小幡さんとの対談。)

 小幡さんは、和歌山が大好きな人間を増やすことが、町の活性化につながるという信念で活動を続けています。

 彼の話は、いつも目からうろこの刺激的なもので、会場の皆さんも感動してくれたと思います。

 20代、30代の若者が和歌山を変えていってくれます。

 私の応援団の皆さんに、和歌山の若者たちの素晴らしさを紹介できたはずです。

 ご参加いただいた皆さんと、スタッフ、ボランテイアの関係者の皆さんに心から感謝申し上げます。

 ありがとうございました。

加太春日神社のえび祭り

(1トンある大神輿)

 今日は、加太春日神社の「えび祭り」に参加。お神輿を担がせてもらいました。

 このお祭りは慶長2年(1597年)ごろ、伊勢エビの豊漁祈願のために始まったとされています。

 和歌山は、全国有数のイセエビの産地で、加太でもかつて多く水揚げされていました。

 しかし、エビ漁の衰退にともなって一度断絶したのち、約30年前に復活し、今では2年に1回開かれています。

 町内ごとに出し物があり、今年は20年ぶりに「鬼舞」が復活。

 獅子舞や、重さ1トンもある大神輿、薙刀振りや天狗などの渡御行列が海沿いの道約3キロを歩きました。

(獅子舞)

 獅子舞は加太の町内それぞれが伝統の技を引き継いでいます。

 仲丁の獅子舞は、やぐらの上でアクロバティックな演技を行います。

 練習は、砂浜にやぐらを組んでします。命綱はつけていませんから、落ちたら大けがです。

 若者たちが、このような伝統を必死でつないでいく姿勢に感動しました。 

(やぐらに上った獅子舞。)

 今日の最高気温は28.7度。熱中症の予防にと神輿の担ぎ手は、お酒とビールをしっかりいただいてからの出発です。

 神社をスタートした段階で、ものすごい盛り上がり。

 もっとも、目的地の加太漁港に着いた頃には、いささかバテ気味に。

 担ぎ手は加太の若者だけでは足りないので、加太沿線や和歌山市内から集まってきてくれます。

 和歌山の地域パワーはすごいです。

(渡御出発前の記念撮影。)

修学旅行生の国会見学

(明和中学校の修学旅行生にスピーチする岸本周平。)

 春の修学旅行シーズンです。

 今週は和歌山市立明和中学校の三年生216名と西和中学校から158名が国会見学に来てくれました。

 明和中の西川彰彦校長先生、西和中の成末義樹校長先生ともに私と同世代なので、話がはずみました。

 引率の先生方は、事故や病気の生徒が出ないように緊張感のある2泊3日を過ごされます。

 今は、ディズニーランドやスカイツリーなど、私たちの頃とは様変わりの修学旅行ですが、生徒さんたちは先生方のご苦労に感謝してるんでしょうか。

 自分のことを考えると、中学生の頃はそこまで考えが回らなかったような気がします。

 今だと、楽しい思い出が作れたことに、先生方に感謝しなければなと思いますが、後の祭りですね。

 真夏のような日射しの中ですが、生徒の皆さん、目を輝かせて私の話を聞いてくれました。

 このような時に、私のような人間がそんなことも上手に伝えないといけないなと思います。

 何より、修学旅行の国会見学に付き合うたびに、この子どもたちのために、政治家はしっかりしなければと、いつもながら緊張します。

(西和中学校の生徒さんにスピーチ。)

BS日テレ『深層NEWS』に生放送出演のお知らせ

BS日テレ『深層NEWS』に生放送で出演します!

http://www.bs4.jp/shinsou/

放 送:5月24日(火)22:00~23:00(生放送)

テーマ:『検証!民進党と共産党との選挙協力』

出演者: 岸本周平 衆議院議員 他

内 容:・選挙協力の戦略について
・政策協議のあり方について
・政権交代への課題と展望について

など、盛りだくさんの内容になっております。
ぜひご覧ください!

※5月22日(日)に予定しておりました、BSフジ『ブラマヨ談話室』は

7月17日(日)24:00~に延期となりました。ご了承くださいませ。

400年続く和歌祭

(和歌祭の武者行列)

 紀州東照宮の例大祭和歌祭に参加しました。

  和歌祭は、紀州藩初代藩主徳川頼宣が1622年に始めました。

 父である家康公の霊を慰めるために始めた大祭ですが、今では、毎年5月17日の家康の命日に近い休日に行われています。

 私は、渡御行列の中で、武者の役を足掛け10年やらせていただいています。甲兵は和歌山商工会議所の青年部の皆さん。

 日射しは強かったですが、和歌浦湾のさわやかな潮風に吹かれ、楽しい一日になりました。とは言うものの、ヨロイとカブトは重くてたいへん。

 祭の後のビールが最高でした!

(本殿前で、神事を行うお神輿)

 山の中腹にある紀州東照宮の境内から、白装束の男たちに担がれた神輿が担ぎ出されます。

 石段は108段もあって、急な角度なため、初めての担ぎ手は足がすくむと言われます。

 その石段を駆け下りる「神輿おろし」で祭りが始まり、太鼓や摺鉦の音色が響く中、時代衣装の渡御行列がスタートします。

 雑賀踊り、薙刀振、母衣、舞姫などが伝統的な演舞をしながら和歌浦一帯を練り歩きました。

 武者は、ただ歩くだけですが、約3時間炎天下の中を歩きますので、体力勝負です。

 今年も、JR西日本和歌山支社の関係者の皆さんとご一緒に歩きました。

リレー・フォー・ライフ・ジャパン2016わかやま

(和歌山城砂の丸広場で行進。)

 この週末、がん患者を支援するイベント「リレー・フォー・ライフ・ジャパン2016わかやま」が和歌山城砂の丸広場で開催されました。

 みんなで旗や横断幕を持ってトラックを歩いたり、走ったり、土日をまたいで24時間、交代しながら続けます。

 リレー・フォー・ライフは、1985年にアメリカで始まったがん患者の救済とがんの征圧を訴える運動です。

 和歌山でも県内のがん患者と医師、ボランティアなどによって、「リレー・フォー・ライフ・ジャパンわかやま」が発足し、2014年から毎年この時期に開催しています。 

 私も、NPO法人「いきいき和歌山がんサポート」のメンバーの一人として参加しました。

 このNPO法人は、がん患者と医療者だけでなく、議員、行政、企業、教育関係者の皆さんのと一緒に、がん患者とその家族が元気に過ごせる和歌山を作っていこうと活動を始めました。

 がん患者・家族をサポートするために、患者同士が話せる患者サロンを開催たりし、がん拠点病院内の患者サロン開催の支援も行っています。

 私は、代表者の谷野裕一先生が和医大におられる頃に知り合い、会員にならせてもらい応援しています。

 和歌山でも、いろんなNPO法人ができて、市民レベルで活発な活動ができていることを誇りに思いますし、その輪の中で、自分も活動できることが本当にうれしいです。