TPPの国会審議が教えてくれた大事なこと

%e5%b2%b8%e6%9c%ac%e5%91%a8%e5%b9%b3%e8%a1%86%e9%99%a2%e8%ad%b0%e5%93%a1

来週には、日本の国会がTPPの批准を終わらせます。

一方で、トランプ次期大統領がTPPからの離脱と二国間の自由貿易交渉を開始することを公式に発表しました。したがって、当分、TPPが実現することはなくなりました。

しかし、私は国会での議論は決して無駄ではなかったと思っています。

TPPは、貿易問題だけではありません。投資や、金融、人の移動、保健・医療、政府調達、ISDS条項など国民生活に影響する多くの分野が対象です。

今回の国会審議で良かったことは、食の安心、安全について議論がスタートしたことです。

私自身も、貿易や投資には土地勘がありましたが、特別委員会のメンバーとして幅広く勉強する中で「不都合な真実」のいくつかを見つけました。

たとえば、これまで米国から輸入していた牛肉や豚肉は成長ホルモンや成長促進剤を使っていました。そもそもEUなどではそのようなお肉は輸入禁止です。EUでは1989年に禁止してから2006年までに、乳がんの死亡率が平均で3割程度減りました。

日本では、国内では成長ホルモンや成長促進剤の使用は禁止されていますが、それを使ったお肉は輸入できるというダブルスタンダードです。しかも、そのような表示をする義務はありません。

遺伝子組み換えの作物も輸入されています。米国から輸入されるとうもろこしや大豆の9割は遺伝子組み換えです。日本ではその表示義務がゆるいのですが、米国はさらに表示をしないように圧力をかけてきています。

米国からは、収穫後にもレモンなどに使われる農薬の「防かび剤」を食品添加物として認めさせられ、その表示すら止めろと押しまくられている実態もあります。ちなみに、日本では、収穫後の作物に農薬をつかうことは法律で禁じられています。だから、「食品添加物」とみなすとい方便を使っています。

今後、日米の二国間で交渉が始まるならば、自動車や農産物の議論をすると同時に、食の安全の問題をしっかりと提起し、国民の生命を守るべきだと考えます。その意味では、トランプ次期大統領のおかげで、良いチャンスがもらえたわけです。トランプさんに感謝です。

和歌山商工会議所女性会の創立50周年記念式典・祝賀会

%e5%a5%b3%e6%80%a7%e4%bc%9a%ef%bc%92(和歌山商工会議所女性会の創立50周年記念式典)

和歌山商工会議所女性会の創立50周年記念式典・祝賀会に出席しました。

式典では、女性会の松田美代子会長(9代目)が、1965年9月の女性会発足以来の沿革を紹介されました。

女性会は、和歌山大学観光学部の設置や、中国山東省の女性企業家団体との交流などをしてこられした。

また、商工まつりでは、人気のカフェを運営して市民に感謝されています。

いろんなイベントもなさっていて、特に地域振興で力を発揮してこられました。

私も、仁坂知事、尾花市長などの来賓の一人として、祝辞を述べさていただきました。

img_7300(祝賀会にて東尾修元西武ライオンズ監督を囲んで。)

記念講演は、和歌山県立箕島高校OBの東尾修元西武ライオンズ監督。

ケンカ投法そのままの素晴らしいお話に感動しました。尾藤監督との思い出話には、東尾さんの尾藤さんへの深い感謝の念が伝わって、しんみりとさせられました。

祝賀会は、和歌山市西脇の出身の声楽家で神戸女学院大学の斉藤言子学長の歌声でスタート。

とてもスマートな垢抜けのした祝賀会で、お料理だけでなく、器にもこった素敵なものでした。

松田会長に聞いたところ、何回も試食会をして練り直したとのこと。

いつもながら、女性会の皆さんのパワーには圧倒されます。

60年、70年記念式典を目指して、益々のご発展をお祈りいたします!!

自民党の配偶者控除見直し案は支離滅裂

政府・自民党の税制改正作業の中で、配偶者控除の見直しが進んでいます。

その内容が明らかになり、当初の目的と真逆な方向に進んでいることに驚いています。

配偶者控除は妻(もしくは夫)の年収が103万円までの場合に、38万円の所得控除が受けられる制度で、昭和36年に導入されました。

これが103万円の壁と言われて、女性の就業促進を妨げるとともに、共稼ぎが主流になっている今、専業主婦世帯への過度な優遇と批判されたことが今回の見直しの理由です。

しかし、今の自民党案は、むしろ配偶者控除を拡大し、年収要件を150万円以下にするものです。税収中立にするため、本人の年収上限を1120万円とする案になっています。

実は、103万円の壁は税制が原因ではありません。

昭和62年に、配偶者特別控除制度が追加され、103万円を超えても、本人の手取り額がすぐに減らないように手当てされています。

パートの主婦などが年収を103万円に抑えるのは、配偶者手当を支給している企業の7割がその基準を103万円にしているからです。

ちなみに、その上には、年金や健康保険の社会保険料の支払いが義務付けられる130万円(大企業では106万円)の壁が存在しています。

配偶者控除の基準の見直しが、ひいては企業の配偶者手当の廃止や見直しに結びつくだろうから、女性の就業促進、労働時間の延長に効果があると言いたいのでしょうが、いささか迂遠です。

また、この案が所得制限をかけるため、高所得者から低所得者への所得再分配効果があることは認めます。

結局、政府による低所得者への賃金補助になるのですが、見直し議論のスタート時点の考え方とはかけ離れています。

配偶者控除見直しは専業、パート、共稼ぎなどの夫婦世帯間の「就業形態」の中立性を目指していたはずです。

そのスタート時点の発想がいささかピンとはずれだったことは指摘しましたが、少なくとも、制度上、就業形態の選択に中立的にするためには配偶者控除を廃止して夫婦控除を新設する政府税調案などが合理的です。

しかし、退職者世帯や事情があり配偶者が働けない世帯などには負担増になる可能性があります。

過渡期的には、配偶者控除を縮小、税額控除化して、扶養控除と統合した家族控除を新設し、現在の対象者も引き続き対象とすべきでしょう。

所得控除は高所得者ほど得をしますので、税額控除にすることで所得再分配効果が期待できます。

将来的には、事情があり配偶者が働けない世帯などには手当てをした上で、給付付きの勤労税額控除と合わせ、家族控除として整理することを提案します。

和歌山文化協会の総合展

002

毎年、和歌山文化協会主催の総合美術展に書を出品しています。

この展覧会は書や絵画に、華道部の先生方がお花を合わせて展示するユニークなものです。

昨年から、水墨画も習い始めましたが、相変わらず下手な書道を出品。

樋口林甫先生にお華を合わせていただきました。有難うございます。

並べて展示された山本秀太郎先生と一緒に記念撮影。

004(隷書の「徳」)

今年の字は「徳」。いきおいと読みます。

中国古典では、徳を持つ人は権勢があって、富裕で人の信頼を得る人のことです。

誰もが、そうなりたいところですが、徳を身に着けるためには、己れの最善を他者に尽くし切る必要があります。

日本では、その目的である、己の最善を他者に尽くす態度が「徳のある人」というイメージですが、中国古典では勢いを持つ人になるための条件なのですね。

どちらにしても、凡人には及ばない境地です。汗。

映画「ちょき」

staff_img01

全編和歌山市内でのロケ。映画「ちょき」の試写会を観ました。

11月19日(土)から和歌山での先行上映でデビュー。

和歌山市内の「じゃんじゃん横丁」にある美容室が舞台。

妻を亡くした中年の美容師波多野直人と、その妻京子の書道の生徒だった少女との純愛物語。

少女サキは母親の虐待で失明。県立盲学校の寄宿舎で生活しながら学んでいた。

新しい先生の声が、京子に似ていたことから、サキは友達と一緒に10年ぶりに美容室を訪れます。

ロケ地は、和歌浦天満宮、マリーナシティ、磯ノ浦海岸、和歌山盲学校などです。

和歌山在住の方には、和歌山の美しさを再発見する楽しみがありますが、私は、この映画そのものに魅せられました。

舞台が和歌山であろうかなかろうが、関係ありません。

監督・脚本の金井純一さんが、素敵な純愛のストーリをまじめなひたむきさで、作り上げてくれました。

映画として、すごく完成度の高い作品に仕上がっており、観た後に、「ああ、映画っていいよなあ。」としみじみ感動しました。

歳を取って、失敗や挫折の経験のある大人にしかわからない映画です。

それでも、ぜひ、若い人にも観てほしい素敵な映画です。

主演の吉沢悠さんと増田璃子さんも素晴らしい演技でしたよ。

ドリップで淹れるコーヒーとレコード針で聴くアナログのオーデイオ。

私が大学生になった40年前に憧れたおしゃれな瞬間が見事に切り取られています。

言いたいことは山ほどありますが、皆さんぜひ一度観てください。

11月19日(土)ジストシネマ和歌山、イオンシネマ和歌山、ジストシネマ御坊・田辺・南紀
12月3日(土)渋谷HUMAXシネマレイトショー

staff_img02

東京ビッグサイトの展示会

%e6%9d%b1%e4%ba%ac%e3%83%93%e3%83%83%e3%82%b0%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%88%ef%bc%92

東京ビッグサイト東館で、インテリアライフリビング2016開催中。

14カ国・地域から450社(国内370社・海外80社)が出展しています。

和歌山からも、たくさんの企業が参加されていますので、応援に行きました。

毎年常連の嶋本木工所さん、東建具工作所の皆さんと記念撮影。

他にも、小久保工業所、サンベルム、角田清兵衛商店、中井産業、大谷産業、若兆、matoriなど、老舗や個人も出展。

隣の西館では、地方銀行フードセレクション2016も同時開催。

こちらは、全国から681社が出展。

これは、全国の 地方銀行 が合同で、地方の食品・材を広く市場に流通させることを目的した「食」の展示商談会で、紀陽銀行さんのブースでは、和歌山の美味しいもんがあふれてました。

和歌山の中小企業は、皆さん頑張っておられます。

家具や建具、食品加工産業は和歌山の強みですね。

%e6%9d%b1%e4%ba%ac%e3%83%93%e3%83%83%e3%82%b0%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%88%ef%bc%91

TPP特別委員会の審議

TPP特別委員会の審議はまだまだ不十分です。

TPPは、貿易問題だけではありません。投資や、金融、人の移動、、保健・医療、政府調達、ISDS条項など国民生活に影響する多くの分野が対象です。

たとえば、食の安心、安全については議論が始まったばかりです。

成長ホルモンや成長促進剤を使った牛肉、豚肉の輸入が増えますが、そもそもEUなどではそのようなお肉は輸入禁止です。

日本では、国内では禁止されていますが、成長ホルモンや成長促進剤を使ったお肉は輸入できるというダブルスタンダードです。しかも、そのような表示をする義務はありません。

アメリカから、農薬である「防かび剤」を食品添加物として認めさせられ、その表示すら止めろと押しまくられている実態もあります。

また、日本にとって、これからの産業の目玉であるエンタテインメントの世界は著作権が命です。

しかし、著作権の保護期間の20年延長や不親告罪化など著作権法の改正問題はまったく審議されていません。

その上、またまた山本有二農林水産大臣の不規則発言がありました。

前回は「強行採決」発言でしたが、今回は、田所嘉徳代議士のパーテイーでの「JA(農協)の方々が、、、明日でも田所さんの紹介で農林省に来ていただければ何か良いことがあるかもしれません。」という利益誘導の発言です。

このような方が農林水産大臣をなさっていることには、ただただ残念としか申し上げようがありません。大臣を辞任していただきたいと思います。

国民への情報公開のために、しっかりと審議を続けることを求めます。

第16回和歌浦ベイマラソンウイズジャズ

64af1087-s

第16回和歌浦ベイマラソンウイズジャズに参加しました。

毎年、チームShuheiで、5キロコースにエントリー。

曇り空で、マラソンには絶好のコンディションでした。

ジャズを聴きながらマラソンを楽しむこの大会は「ジャズマラソン」として市民に親しまれています。

今年は、全国から1万1千人を超える参加者。

最高齢は男性82歳、女性は79歳のランナーがエントリー。中国や韓国の選手も参加しました。

ハーフマラソンの部と、10キロ、5キロ、3キロ、2キロの5つのコースがあります。

全コースには12か所のポイントで、ジャズの生演奏。風光明媚な和歌浦湾を背景に最高のマラソンコースです。

私も、完走して心地よい汗を流すことができました。

c52ca934-s

高幣佳代さんの個展

%e9%ab%98%e5%b9%a3%e4%bd%b3%e4%bb%a3

和歌山市内のホテル「アバローム紀の国」ギャラリー龍門で開催中の、日本美術院、院友の高幣佳代さんの個展に行ってきました。

彼女は芸術院会員の清水達三先生のお弟子さんで、私の高校時代の同級生です。

和歌山での個展は三回目で4年ぶりです。

4年間で、画風が進化していてびっくり。私も頑張らねば、、、と思いました。

会場には、大勢の同級生が同級生が集まる良い機会を作ってくれて、有難うございました!

TPP交渉の背景

img_0037

今、TPP特別委員会で審議が行われていますが、TPPについてどう考えるかいろんな議論があります。

私は、高度な経済連携協定には賛成の立場ですし、アジア太平洋地域における投資や貿易、知的財産などのルールの統一は日本にとって大きなプラスになると確信しています。

しかし、今回の合意は、米国に一方的に押し切られ、取るものが取れず、守るべきものは守れなかったため、日本の国益に反するものだと考えます。

これまで、日米間の貿易摩擦の歴史の中で、二国間で厳しい交渉が行われてきました。今回のTPP交渉でも、米国との力の差を痛感しました。その象徴が日米の二国間のサイドレターに表れています。

これは佐々江賢一郎駐米大使とマイケル・フロマン通商代表間の往復書簡という形になっています。もっとも、日本側からの書簡には日本語訳ベースでA429枚分の添付文書がついてあって、保険、透明性・貿易円滑化、投資、知的財産権、企画・基準、政府調達、競争政策、急送便及び衛生植物検疫分野での非課税措置について日本側が一方的にこうしますと約束させられています。

米国側からは、添付書類はなしで、書簡を確認して実施されることを期待するとのあっさりしたお返事だけ。その内容は、日本があたかも米国の植民地であるかのような屈辱的なものになっています。

まずは、衛生植物検疫の分野です。サイドレターでは、収穫後の防かび剤という項目があり、「厚生労働省は、収穫前及び収穫後の両方に使用される防かび剤について、、、農薬及び食品添加物の承認のための、、、過程を活用することにより、合理化された承認過程を実施する」と書かれています。この意味は何でしょうか?

実は、輸入農産物に使用される防腐剤や防かび剤などの日本の基準が厳しいので、これまで米国から緩和するよう要求されていました。もともと日本では、収穫後に農薬を使うことは禁じられています。しかし、米国から運んできてかびが生えないようにするためには、「イマザリル」などの農薬をかけなければなりません。禁止されているのに認めなければならないので、便宜、食品添加物という二重の分類をして認めたのです。そうなると、たとえば米国から輸入したレモンの袋には、防かび剤として「イマザリル」や「フルジオキソニル」、「アゾキシストロピン」などと表記しなければなりません。

米国は、こんな表記があると日本の消費者は気味悪がって買わないから、食品添加物としての審査を止めてくれと言ってきたのです。

さて、今回のサイドレターにある「合理化された承認過程」とはどういう意味でしょうか?米国のレモンに防かび剤の表記をしなくても良いと譲ったということでしょうか?

TPP委員会で塩崎厚労大臣にお聞きしたら、承認手続きを合理化するだけであって、表示の義務は変わらないとのご答弁でした。しかし、食の安全安心のために、引き続きしっかりと監視していく仏用があります。

さらに、サイドレターでは、審議の場所は、薬事・食品衛生審議会の中の農薬・動物用医薬品部会及び添加物部会の合同審議で行うとまで書いてあります。独立国の行政の箸の上げ下ろしまで約束させられるのですか?
国民の健康と安全を守る厚生労働省が、こんなことで良いのですか?

輸入農作物には、この他にも、発がんのおそれのある成長ホルモンや成長促進剤(ラクトパミン)、遺伝子組み換えの問題などがあります。これらは、TPPを進めるうえで慎重に考えるべき論点です。

img_0132

次に保険の分野です。サイドレターでは、「日本郵政の販売網へのアクセス」を重視し、微に入り細に入り、日本郵便(株)と(株)かんぽ生命保険が内外の民間保険サービス提供者とビジネスアライアンスを組むことをエンカレッジしています。このサイドレターを読んでいますと、なるほど米国資本の保険会社のビジネスチャンスが米国政府の重大関心事項であったのだなと理解できます。これは、長年の日米の保険協議の歴史からすれば、さもありなんと言うことではあります。驚くべきことは、その後に続く項目です。

「金融庁郵便貯金・保険監督参事官室と保険課が、共に金融庁監督局長による監督に服すること、並びに、同室及び同課の存在が決して(株)かんぽ生命保険に対する監督の公平性を損なうものではないことを確認する。」とあります。
監督局の下にある室や課は監督局長の指揮下にあることは当然のことです。こんなことを言わされて恥ずかしくないのでしょうか?

さらに屈辱的な項目が続きます。「日本国政府は、総務省の監督責任が(株)かんぽ生命保険を独立の立場で規制する金融庁の権限を妨げないことを確保する。」当たり前すぎて情けない。

そして、「総務省から異動し、又は派遣され、(株)かんぽ生命保険に対する監督責任を有する金融庁職員が金融庁の関連部署の長に対してのみ報告することを確認する。」とのだめ押しがあります。

要するに、総務省からの出向者はスパイだから気をつけろと言われているのです。米国政府が霞が関の内部事情に通じていることには敬意を表しますが、ここまでサイドレターに書かされるのはいかがなものでしょうか?日本は米国の属国なのでしょうか?

他にも、(株)かんぽ生命保険と独立行政法人郵便貯金・簡易生命保険管理機構間の再保険契約のコピーを米国政府に出せとか、(株)かんぽ生命保険には毎年1回、貸借対照表や損益計算書を公表させろとか、過保護の親が小学生に対するような態度を取っています。

また、コーポレートガバナンスについては改正会社法や関連する省令の内容をトレースした上で、今後外国人投資家の意見や提言を聞いて規制改革会議に付託し、規制改革会議の提言に従って日本政府が必要な措置を取るという約束をさせられています。規制改革はけっこうですが、米国に言われて規制改革をするのでしょうか?自主性はないのでしょうか?今後、TPPとは何ら関係なく、外国人投資家の言い分を聞き続けるという約束をしてしまっているのです。

さらに、政府調達のサイドレターは大問題です。

入札談合という項目が立っています。そこでは、「中央政府の調達機関によるカルテル、入札談合及びなれ合いの防止に関する研修プログラムを定期的に実施すること」や「職員による自らが監督し、又は規制する企業への求職、政府による職員及び退職した職員の就職のあっせん並びに退職した職員による退職前の政府内での在職部署に対する便宜の要求を禁止することにより利益相反の排除を要求する国家公務員法を執行すること」とされています。入札過程の改善の項目では、これまた、当然のことが微に入り細を穿って書かれています。日本が開発主義の発展途上国であるかのようなサイドレターは、まさに国辱です。

TPP特別委員会で、岸田外務大臣は、「日本政府として本来やっていることを書いているだけなので問題はない。」と答弁されました。本来、やるべきことだとしても、米国政府は、日本政府を信用していないからわざわざサイドレターに書かせて約束させたのです。このような卑屈な態度で交渉してきたことに強い憤りを覚えます。TPPの交渉結果が日本の国益を守れていなかった所以です。

1 / 23412345...102030...最後 »