熊本の農林水産業の復興状況

西原村の大川牧場

西原村の大川牧場

衆議院農林水産委員会で熊本の農業関係の復興状況の視察に行ってきました。

熊本地震では、死者75人、行方不明1人、重軽傷者1887人。全壊8293棟、半壊2万5855棟、一部損壊12万293棟の大きな被害が出ました。

農林水産業の被害総額は熊本、大分、宮崎などの7県で1491億円んも上っています。

まず、大津町大菊地区の土地改良施設の被害状況を視察。

大菊地区下井手水路の応急復旧。

大菊地区下井手水路の応急復旧。

水路の復旧ができない所では水稲栽培ができませんから、大豆に転換して収入の確保を図っているとのことでした。

西原村の大川牧場では、1m以上地盤沈下した現地での牧場再開に向けて資金面での不安な状況をお聞きしました。

30頭ほど飼っていた牛は6頭を北海道の牧場に預け、残りは売却と廃用。

搾乳機が無事だったので、牛舎を補修して再開するとのことですが、本来酪農クラスター制度を使って、共同施設にした方が合理的かもしれません。

しかし、それでは時間がかかり過ぎて、現金収入ゼロの状態が長くなります。一日も早く、収入を得たいということでした。

資金は補助金と公庫融資になりますが、1億円近い規模になりそうです。

甲佐町の清住フラワーファーム

甲佐町の清住フラワーファーム

甲佐町の清住フラワーファームでは、16棟のハウスでカーネーションやシクラメンなどの花卉栽培をされていました。

早急にハウスの建替えをしたくても、東北などの復興需要のため民間業者が手当てできない状況で困っているとのこと。

政府も熊本県も迅速に対応できているのですが、いたるところにミスマッチがあり、これからが正念場です。

それでも、関係者の復興への意欲は力強くて、勇気づけられました。

その後、民設民営の(株)熊本卸売市場の復旧状況も視察。

こちらも国の助成措置を使って建替える計画です。

樺島郁夫熊本県知事との意見交換をして帰京しました。

樺島知事からは、単なる復旧、復興ではなく、農地の大区画化や、農業法人化、共同利用施設の再編統合などの「創造的復興」を目指したいとのお話をいただきました。

秋の臨時国会では、しっかりと農林水産委員会でフォローしていきます。

民進党の行方―脱成長依存の格差是正

本会議

今回の参議院選挙の結果は、民進党に対する国民の支持が依然として少なく、信頼の回復がなされていないことを明確にしました。

今後、党の理念や政策を改めて練り直し、二大政党政治の一役を担うことのできる政党への再出発を図るべきだと思います。

険しい道ですが、一歩ずつ進んで行きます。

私は、慶応大学の井手英策教授の言う「脱成長依存の格差是正」というコンセプトを柱にして、政策を練り直すことを考えています。

人口が減少し、成熟した経済の下で、いたずらに経済成長を目標にする政治には限界があります。

成長を否定しているわけではありません。しかし、まずは国民一人一人の幸福を目標にする政治に変えるべきです。

すべての子どもが、同じように必要な教育や医療を受けることができれば、子ども達の能力が花開き、結果として日本経済の力が強くなります。

所得制限を付けずに、すべての子どもに教育や医療の現物サービスを提供すること。その財源は、消費税でみんなで薄く広く負担します。

すべての人が負担し、すべての人が受益する社会です。

私は、安倍総理の消費税の再延期に対して、反対すべきだったと考えます。

予定通り、来年4月に10%に引上げますが、その財源5.6兆円は、予定していた低年金対策、子育て支援の他、借金返しに使わずに、幼児教育の無償化や大学授業料の無償化などに使うべきです。

5%の引上げの内、4%が借金返しでは、国民の負担感のみ高まります。せめて、半分は普遍的な社会保障や教育に使って、受益の実感を国民に持ってもらうべきでした。

そうすれば、さらなる増税へのコンセンサスも作りやすくなります。

財政の問題は、景気による増収などで解決できるような生優しいものではないのですから、すべての国民が受益者となる普遍的な政策を掲げる以外に解決の道はありません。 

2020年プライマリーバランス黒字化などという、誰もが実現不可能だと判っている目標を維持する無責任な態度は改めるべきです。

逆に、財政再建至上主義も、かえって財政再建を遅らせます。

9月の代表選挙に向けて、政策と理念の再構築を行います。

英国のEU離脱で、なぜ景気対策が必要なのか?

参議院選挙大阪選挙区おだち源幸候補と

参議院選挙大阪選挙区おだち源幸候補と

英国のEU離脱が決まってから、円高、株安の状態が続いています。

株式市場は、冷静さを取り戻した様子ですが、為替は引き続き102円近辺の円高です。

このような状況で、円高対策として大型の財政バラマキ政策を求める声が自民党から出ています。

目先の経済成長率を稼ぐだけのために、借金をして公共事業をするのが円高対策なのでしょうか。

輸出企業が円高で困るというのなら、内部留保に回った円安の時の利益を使うだけのことです。企業は、自己防衛の手段を持っています。

円高で輸入物価が下がりますから、物価も下がり、ようやく実質賃金のマイナスに歯止めがかかります。個人消費にとってはプラスです。

2015年度は、剰余金が1.6兆円、税収上振れが1.9兆円あり、その財源3.3兆円を使った経済対策を行いました。それでも、消費税引上げ再延期をせざるを得ないほど国内景気は振るいません。

カンフル剤はやめて、むしろ3.3兆円は借金返済に回したほうが、財政安定に寄与し、国民の将来不安をぬぐえたのではないかとは思います。

しかし、今年度は、剰余金はわずかに2500億円、税収の上振れは見込めません。

巷間言われている、10~20兆円の経済対策の原資は国債、つまり借金ということになります。

この上、借金を増やしてGDPをその分だけ上積みしても、潜在成長力は上がりません。

そろそろ、目をさます時期に来たのではないでしょうか。

 

英国のEU離脱に思う

日経新聞HPより転載。

日経新聞HPより転載。


 国民投票の結果、英国のEU離脱が決まりました。

 為替と株式の市場が乱高下しています。関係者が冷静になれば、相場は戻ってくるでしょうが、、、。

 中東に端を発する世界情勢の混乱の下で、経済面だけではない英国民の判断がなされたのでしょう。

 国民の間にくすぶる閉塞感が、米国のトランプ現象や、英国のEU離脱の要因の一つであることは間違いありません。

 オーソドックスな政治指導層の考えと、国民の感性に大きなずれが起きているようです。

 私にとっては、この3年間の安倍政治も、同じ流れの中に位置づけられます。

 従来の決まりや正統的な考え方と真っ向から反する安倍政治を「反知性主義」だと批判してみても、せん無いことです。国民の多くが支持しているのですから。私たち民進党も、これまでとは違う政策で国民の不安感や閉塞感を打ち破ることを目指すべきです。

 今回の英国のEU離脱も同じことです。

 欧州も新たな局面を迎えたわけですが、ユーロ導入の過程をつぶさに見てきた経験から、私は、なお欧州の政治指導者間の信頼関係に期待したいと思います。

 良いか悪いかは別にして、欧州の政治は、いわゆるエリート主義です。

 政治指導者の間の理想を目指す熱意がユーロを生み出しました。

 最近、ギリシャのポピュリズムや欧州の極右政党の台頭などで、様相が変わってきました。

 それでも、私は、欧州のエリート主義政治に期待します。

 EU離脱の手続きが終わる数年の間に、英国がEU各国とバイの自由貿易協定などを結ぶことになるでしょう。

 経済面での損害を最小限にする彼らの努力を日本政府も冷静に応援すべきです。

 EUとの経済連携協定を進める際には、同時並行で英国との交渉も行っていきたいものです。

第24回参議院選挙始まる。

大阪選挙区のおだち源幸候補の第一声。

大阪選挙区のおだち源幸候補の第一声。

 第24回参議院選挙が公示され、18日間の選挙戦が始まりました。

 自民一強体制に、野党第1党の民進党がどのように戦いを進めるのか、民進党の和歌山県連代表を務める立場として全力を尽くす覚悟です。

 争点は、ぼやけています。与党は経済問題、特にアベノミクスを進めるのかどうかに焦点をしぼっています。「アベノミクスによって経済が回復したから、さらに押し進めたい。」と言いながら、「世界経済のリスク」を言い訳にして、消費税の引上げを再延期してしまいました。

 民進党は、早々と消費税再延期を主張し、自ら争点をぼかしてしまいました。

 党の決定なので、私も従っていますが、個人的には、このブログでも書いた通り、予定通り引き上げた上で、2%分を全額社会保障や教育に使うべきだと考えています。残念ですが、しかたありません。

 一方、共闘する野党4党、憲法問題を争点にし、選挙の結果、与党に3分の2の議席を取らせないことを訴えています。

 対する、安倍総理は、憲法改正の「けの字」も言いません。

 したがって、立憲主義や安保法制、さらには憲法改正問題も争点にはなってきません。

 選挙期間中に、経済問題ならアベノミクスに代わる新しい経済政策を争点にし、憲法問題なら、立憲主義や平和主義を争点にしていくよう頑張りたいと思います。

 私の考えは、これまでこのブログで書いてきましたので、ここでは省略しますが、有権者の心に届くコミュニケーション力には、いささか心もとなさを感じざるを得ません。

 和歌山選挙区は、事実上の野党統一候補が出馬していますが、民進党は自主投票となったので、選挙期間中、各地の候補の応援に駆け回る予定です。
 
 公示日の第1声には、大阪選挙区のおだち源幸候補の所に応援に行きました。

 おだちさんは、党の税制調査会で苦楽を共にしてきた仲間で、心から尊敬できる人物です。

 桝添前都知事や甘利元経済担当大臣のような不祥事が続いています。

 今度の選挙は、厳しい状況の下ですが、党や政策よりも、人物本位のまともな政治家を選ぶ選挙にしたいですね。

日本ものづくりワールドと和歌山の中小企業

太洋工業の田中清孝電子部品部次長と記念撮影。

太洋工業の田中清孝電子部品部次長と記念撮影。

東京ビッグサイトで、日本ものづくりワールド―機械要素技術展が開催されています。

6月22日(水)から24日(金)の三日間です。

主に、わかやま産業振興財団のブースに県内の中堅・中小企業が出展されています。

和歌山市からは、太洋工業(株)、川本化成(株)、(株)小松金属の3社。県下からは、他に7社で、合計10社が参加。

すべてのブースをお訪ねしましたが、それぞれに、高い技術力を背景に堂々と、自社製品のアピールをされていました。

さらに、小川工業(株)と医療関係の展示会場の青野パイル(株)は独自に出展。

和歌山の企業が頑張っているのは本当に誇らしいことです。

先週の、三越百貨店恵比寿店でのサントピアさんなどの飲食関係もそうですが、これからどんどん和歌山以外の商圏に進出する機会をつくっていってもらいたいと思います。

和歌山県選出の国会議員として、機会あるたびに応援していきます!

有機水稲栽培の可能性について

紀州大地の会の園井信雄さんと。

紀州大地の会の園井信雄さんと。

和歌山に20年間、、有機、無農薬の水稲栽培に挑戦しているグループがあります。

紀州大地の会と言います。

創立者で前代表の園井信雄さんが公開検証の場としているモデル水田に行ってきました。

34アールの水田で、有機抑草剤「オーガニック君」を使って、田植え後の初期雑草の抑制をしている現場です。

園井さんは、微生物を用いた雑草生育抑制剤の特許を取得。これが、「オーガニック君」です。

また、地元のスーパーから材料の廃棄用食材を仕入れ、地元の産廃業者に発酵堆肥をつくってもらい、土壌の改良をして有機米をつくっています。

農薬を使わない水田には、カブトエビ、豊年エビが無数にいました。

このエビが土をかき混ぜ、水を濁らせて雑草の生育を抑制する効果もあるそうです。

紀州大地の会の有機水稲の田んぼ

紀州大地の会の有機水稲の田んぼ

普通の水田

普通の水田

紀州大地の会では、28~30センチ間隔で、2、3本の稲の苗を植えます。ふつうは、25センチ間隔で稲の苗は5、6本です。

田植えの直後は、上の写真のように普通の水田の方が、密集し、有機の方はまばらですが、風通しが良くて日光をふんだんに受ける有機の水田の方が、すぐに追い抜くそうです。

それでも、苗の数が少ないので、米粒の量は少なくなり、その代わり、一粒のお米がより大きく、より重くなって食味も増すそうです。

何より、農薬を使わず、自前の有機堆肥を使うので、コストが相当安くなります。

今は、和歌山県内で13戸8haの農家が参加しています。残留農薬ゼロ、食味値は全農家80点以上なので、田植えの段階ですべてのお米は予約完売状態です。

既に、東北地方への指導を行っており、今後、紀州大地の会の有機水稲栽培が拡大していく可能性大です。

今後の動向に目が離せません。

民進党のネクスト農林水産大臣として、しっかりとフォローし、応援していきたいと思います。

三越恵比寿店の「和歌山フェア」

森下佳子さんと記念撮影。

森下佳子さんと記念撮影。

紀州梅・椎茸バーガー

紀州梅・椎茸バーガー

渋谷区恵比寿の三越百貨店で、6月15日(水)から「和歌山フェア」開催中です。

友人の森下佳子さんの「サントピア」が出店しているので、応援に行って来ました。

「サントピア」は和歌山市内では有名な行列のできるサンドイッチのお店です。

紀州梅・椎茸バーガーが売れています!

和歌山市からは、紀州備長炭の灰干し干物で有名な「高下商店」も出店。和歌山県下では、からあげの「まんぷく亭」、鯖ずしの「可吉」、山椒の「かんじゃ山椒園」、ゼリーの「観音山フルーツガーデン」、かげろうの「福菱」が出店。

それぞれに地元の名店が、和歌山の誇りを背負って恵比寿に集結しました。

県庁農林水産部の食品流通課の応援で、県産品のPRをしています。

東京在住の皆さん、ぜひ恵比寿ガーデンプレイスの三越百貨店にお越しください。

地下2階のフードガーデンで、21日(火)までやっています。午前11時から午後8時までです。

19日の日曜日には、恵比寿ガーデンプレイス「シャトー広場」で開かれる「YEBISU Marche」に「わかやま紀州館」も参加して、和歌山尽くしです。

東京で、和歌山のお店が頑張っているのはとてもうれしいですね。

大学生との対話

大学生応援セミナーで語る岸本周平

大学生応援セミナーで語る岸本周平

受験指導のJ-CAMPUS主催の「大学生応援セミナー」に参加しました。

メンバーは大学1年生中心の十代の若者たち。

塾の先生をしているからでしょうか、皆さんとてもしっかりしていました。

今度の参議院選挙から、選挙権の年齢が18歳に引き下げられます。

高校3年生や大学の1,2年生が新たに投票に行けるようになるわけです。

私は、この11年間街頭活動中心の政治活動をしてきました。

駅前では、子どもさんでも興味のある場合はチラシを手渡ししてきました。

中学生や高校生でも、チラシを受け取って読んでくれる生徒さんはけっこういます。

自分の子どもの頃を思い出してみれば明らかですが、大人が考えているよりも、子どもはけっこうしっかりしていますし、「おとな」です。

せっかくの良い機会でしたので、人生の先輩として真剣にお話ししました。

『11年前に、選挙に出て落選しました。安定したサラリーマン生活を含めすべてを失い、失敗しても気持ちは清々しかった。どうせ人生は一回きり。失敗をおそれずに挑戦して、自分の好きなことを早く見つけてほしい。』

私の思いが伝わったかどうか自信はありませんが、緊張感のある楽しい会合でした。

早起きは三文の徳

(和歌山市倫理法人会でスピーチする岸本周平。)

 今朝は和歌山市倫理法人会経営者モーニングセミナーに出席。

 この会は、毎週火曜日の朝6時半から、和歌山市内のホテルで開催されますので、国会開会中はなかなか出られません。

 今月は毎回参加しており、今日は会員スピーチを頼まれました。

 会員は皆さん経営者の方々なので、トヨタ自動車時代のエピソードをお話ししました。

 トヨタのKAIZENは筋金入りです。失敗しても上司が怒らないのが、秘訣です。

 改善の提案をしても、やってみて失敗すると、ふつうの会社では上司に怒られます。

 それでは、段々と改善の意欲もしぼみます。

 トヨタでは、失敗しても、「元へ戻せば良い。」と言って、しかられません。

 一方で、改善提案がうまくいくと、報奨金がいただけます。

 それなら、提案しますよね。

 財務省を辞めて、約2年管、トヨタ自動車で勤務した経験は私にとっては最高の宝物です。

 官僚経験だけで、政治家になるよりも百倍良かったと実感しています。

 

1 / 23212345...102030...最後 »