経済産業力強化法の執行状況について

(経済産業委員会で質問する岸本周平)

 先週の3月28日金曜日、経済産業委員会で、昨年の秋、成立した経済産業力強化法の執行状況について質問しました。

 衆議院インターネットTVの3月28日経済産業委員会をクリックすると録画が見られます。

 これまでの国会審議では、法律が通った後、その実施状況などをフォローする例はまれでした。しかし、責任を持って通した法案がうまく機能しているかどうか、立法府も関心を持つべきです。

 また、政令や省令、告示などは法律から委任された範囲で行政が決めるわけですが、こちらの方が民間企業などには関係が深いはずです。

 これらも、政治家が関心を持ってフォローしないので、役所が勝手に決めてしまうことが多いのです。

 まず、実施状況ですが、1月中旬に施行された割には、順調にスタートしたようです。

 企業単位での規制改革スキームである①企業実証特例が3件と②グレーゾーンが4件実施。

 また、③事業再編計画が3件、④特定事業再編計画が1件実施。地方の⑤創業支援事業計画87計画認定されています。

 一方で、昨年11月13日の経済産業委員会において、私の質問に対して経済産業大臣が約束された、ベンチャーファンドの認定の要件緩和に関しても聞きました。

 経済産業大臣が委員会で「使い勝手のいいものとならなかったら意味がない」、「最低限の要件にしたい」、「間口は広くしたい」と約束されたからです。

 どのような改善が行われたのかは、経済産業省令第1号、経済産業省告示第6号(2014年1月17日)を読めばわかります。

 私が指摘した、使い勝手の悪い用件は次の通りでした。ファンド関係者に聞くと、要件が厳しすぎて使えないということです。

①投資事業有限責任組合法に基づく投資事業有限責任組合
②投資家からの出資約束金額の合計が20億円以上
③ファンドの投資計画の実施期間が10年以上
④ファンドの目標IRRが15%以上
⑤ファンド運営者の出資割合が1%以上
⑥投資先ベンチャー企業の5割以上が事業拡張期のベンチャー企業
⑦投資先企業が中小企業・中堅企業に限定
⑧投資家が銀行等の適格機関投資家(その他有価証券である株式等を20億円以上保有する者に限る。)の場合には、当該投資家による出資約束金額が2億円以上

 これに対して、改善点は、投資家からの出資約束金額の合計が「おおむね」20億円以上、と「おおむね」がついたこと、ファンドの投資計画の実施期間が10年以上から「13年以上」になったことだけです。

 結局、税制の恩典がつくため、財務省主税局を説得できなかったようです。

 しかし、このような告示レベルの要件は、課長補佐クラスの権限です。

 そんな低いレベルの判断すらくつがえせない安倍内閣には、「岩盤規制にドリルで穴をあけること」は不可能です。

 怒りよりも、官僚主導の政治に、ため息の方が先に出てきました。茂木大臣からは、運用してみて動かなければ改善することを約束いただきました。

 立法機関の一員として、これからも、官僚のサボタージュを徹底的に監視していきます!

トルコ、UAEとの原子力協定―政府の情報公開不十分!

(外務委員会で質問する岸本周平)

 今日は、外務員会で日・トルコ、日・UAE(アラブ首長国連邦)協定に関し、核不可拡散、核の平和利用、原子力安全の強化を推進する観点から、賛成の立場で質問をしました。

 衆議院インターネットTVで、4月2日外務委員会、岸本周平の質問を録画で見ることができます。

 民主党は政権与党時代のベトナム、ヨルダンなどとの二国間原子力協定を推進してきた政策の継続性から、賛成の立場を選びました。

 2030年代末にはあらゆる政策資源を導入して原発ゼロを目指していますので、原発輸出を可能にする原子力協定を進めることには党内でも異論があります。苦しい選択です。

 それでも、現実的なアプローチとして、現在原子力発電プラントを建設する能力のある企業が日本に集中している現状から議論を始めました。

 1980年代以降の世界の原子力プラントメーカーの国際的な再編・集約化の結果、東芝―ウエスティングハウス、日立―GE,三菱重工業―アレバの3グループが世界の原子力産業の中核主体になっています。

 ロシア、韓国、中国にも原子力プラントメーカーが存在しますが、いわゆる第3世代プラスの最新鋭原子炉の建設実績や予定を見ると、圧倒的に日本グループが中心です。

 日本企業は、原子炉の圧力容器の世界シェアの8割を日本製鋼所が保有するなど原子力発電のサプライチェーンにおける強みを持つとともに、プラントを継続的に建設してきており、「日米原子力共同体」とも称される中で、米国からも核不拡散や原子力の安全に関して強く期待されています。

 以上より、現実的には、各国から日本の原子力技術への高い期待があり、東京電力福島第1原発事故の経験と教訓を世界と共有することにより、世界の原子力安全の向上に貢献する道を選択すべきです。

 ただし、福島原発の事故が地震でどのような影響を受けたか検証は終わっていません。その原因究明など本当に福島の経験と教訓を生かすべきだと考えます。

(衆議院外務委員会の模様。)

 協定に基づいて移転された核物質の濃縮・再処理の規制に関して、アラブ首長国連邦には認めていない(第9条)。一方、トルコ共和国には両政府の合意を前提に、核物質の濃縮・再処理を認めている(第8条)。二国間で、取扱いに大きな違いがあるのはなぜか。また、濃縮・再処理技術等の移転規制に関しても、同様の扱いになっているのは大問題です。

 トルコとの協定では、核不拡散が徹底していません。

 岸田外務大臣は、トルコ共和国との協定第8条に関し、2013年11月8日の衆議院外務委員会で、「書面を通じて改めて認めない限りは、こうしたことは実現しない。我が国は認めることはないと考えておりますので、実質的には我が国の思いはしっかり実現できると考えています。」と答弁されています。

 核不拡散の観点からは、トルコ共和国にもアラブ首長国同様の否定的な案文が望ましい。しかし、他国との二国間協定でも色々な条文になっていることからすれば、交渉の過程で何らかの妥協はあり得るでしょう。

 しかし、この答弁では、協定上の案文を、条約批准前に国会審議の場で外務大臣自らが否定することが外交儀礼上いかがなものかという疑問が生じます。

 その案文を、「こうは書いているが、当事者の自分は守るつもりはまったくない。」と言い切ることに、相手側、今回ならトルコ共和国政府はどのように反応しているのか質問しました。あるいは、交渉時には、「案文はこうだが、空振りの規定である。」ことに両国政府は合意していたのか問いただしました。

 岸田外務大臣はそうだとお答えになりましたが、交渉の記録を出せと迫ったところ、「No.」いう返事でした。

 外交交渉の過程が不透明なまま、立法府で条約の審議はできないので、鈴木外務委員長に資料請求をお願いして質疑を閉じました。
     
 政府の国会への情報提供の不十分さを指摘しましたので、与野党を超えて支持をいただいたのは有難かったです。

外務委員会 質問に立ちます!

4月2日(水)9時00分より開催の外務委員会に、

○平和的目的のための原子力協定に関しまして、

9時50分~10時10分(所要30分)質問に立ちます。

下記の衆議院インターネット中継TVでご覧頂けます。 www.shugiintv.go.jp/jp

第10回孫市まつり

(ラストサムライ、リー。村山さんの殺陣。)

 昨日、日曜日の午前中は台風のような雨と風でした。

 毎年、和歌山市内の本願寺鷺森別院で開催される「孫市まつり」も今年で10年目。鉄砲の演武や武者行列がすっかり定着して、大きなイベントに育ちました。

 これも、「継続は力なり」の代表例です。

 森下幸夫会長はじめ関係者の皆さまの日頃の行いが良いのか?、、武者行列も無事できましたし、お昼からの野外劇も、途中から日が差し込むお天気のおかげで大成功。今年もラストサムライのリー・村山さんが出演してくれました。

 武内善信氏と井馬好英氏の講演会「雑賀衆と鷺森御坊」や、黒潮躍虎太鼓の演奏、古家学、THE BEATなどの音楽ステージなど盛りだくさんな企画もあって、大勢の市民でにぎわいました。

(久保健美さんと、手打ち蕎麦で記念撮影)

 久保さんの手打ち蕎麦は、本当に美味しいです。実は、本業は別におありなんですが、事務所を蕎麦店九一に改装して、お休みの日は、お願いすればお店を開けてくれます。

 時々、週末にお邪魔しますが、プロはだし、、というか、既にプロの域に達しておられます。お酒のつまみは奥さんが作ってくださいます。

 久保さんとはジャズライブにもご一緒します。演奏家の皆さんを九一に招いての宴会もけっこうあります。

 ライブ前に、宴会をすることも、、、、??

 それを楽しみに九州から駆けつけるピアニストもおられるくらい、、爆笑。

 今年も、孫市まつりで美味しい手打ち蕎麦いただきました。

 朝の暴風雨の中、テントやテーブルの設営はたいへんだったそうですので、二重に有難うございました。

京奈和自動車道紀北東道路の開通式

(京奈和道路開通式で短いあいさつをする岸本周平)

 今朝は暴風雨の中、京奈和自動車道の紀北東道路開通式に参加。

 道路の開通式には何度も出ていますが、今日のような暴風雨は初めて。テントは吹き飛ばされるかとの勢いで、参列者でパイプを抑えていました。おかげで、来賓のあいさつが短くなるという「効果」もありました、、、苦笑。かえって、印象深く、思い出に残ります。

 紀北かつらぎICから紀の川ICまでの12.9kmが完成しました。和歌山市からかつらぎ町への所要時間が70分から40分へと30分短縮されます。

 国道24号線の渋滞緩和や地域の活性化に貢献すること大いなるものがあります。地元の皆さん、待望の路線の開通です。

 国土交通省、和歌山県、紀の川市、かつらぎ町の関係者はもちろん、工事関係者の皆さんのご尽力には頭が下がります。

 さあ、次は12.2kmの紀北西道路です。雨にも負けず、風にも負けず、紀北西道路の延伸に尽力します。平成27年度中に和歌山JCTまでつなげるには難工事も多くたいへんですが、頑張るしかありません。

 来年のわかやま国体までに間に合えばベストですが、何とか、27年度中には全線開通を目指したいものですね。

県立和歌山医科大学東棟の竣工式

(和歌山県立医大の竣工式でごあいさつする岸本周平)

 週末最初の地元活動は、和歌山県立医科大学の東棟の竣工式。

 板倉徹和医大理事長はじめ、関係各位のご努力には頭が下がります。

 まず、手術室が12から19に7室、内視鏡室が5から9に4室増えました。神の手と言われる名医がたくさんいて、診察に半年待ち、手術に1年待ちと言われる診療科もあります。これで、手術の件数が増えますので、本当に有難いことです。

 しかし、本当の目玉は地域医療支援センターと遠隔医療支援ステムです。

 地域医療支援センターでは、センター長の上野雅巳教授が陣頭指揮で、地域医療に従事する医学生の卒後研修への支援、医師不足の状況把握、分析などを実施します。

 研修医の人気が全国でもベスト3に入る和医大なので、元々、地域医療にはすぐれています。県民一人あたりの医師数は全国でも10位です。問題は和歌山市内に集中していることですが、これも地域医療支援センターが解決の方向を示してくれるでしょう。

(和歌山県立医大東棟竣工式での吉田宗人教授による「遠隔外来」のデモンストレーション。)

 また、遠隔医療システムは危難地域の患者さんが和医大に来なくても、専門医がネットワークを通じて診療に参加する「遠隔外来」を可能にします。

 10年以上前、私は経済産業省の課長として、遠隔医療システムの実証実験を担当していました。

 和歌山医大で、それが現実に診療に使われるようになり感無量です。遠隔医療システムの

 神の手と言われる先生のお一人、吉田宗人教授による「遠隔外来」のデモンストレーションを見せていただきました。

 残念ながら、いくら吉田教授のアドバイスが有効でも、今の診療報酬点数体系では、和医大には収入が入りません。

 当面は、ボランテイアベースでもしょうがないと吉田教授は笑っておられましたが、早急に診療報酬に反映させなければと気合いが入りました。

(和歌山県立医大東棟竣工式のテープカット。)

高校生100×国会議員

(高校生100人×国会議員vol.4のグループ討議。右手前は社会活動家の湯浅誠さん。)

 国会内で、高校生100人×国会議員vol.4が開かれました。資金集めからイベント企画まですべて高校生だけで運営。今年で4年目だそうです。

 主催は、「僕らの一歩が日本を変える。

 一緒にランチをしながら話したり、グループ別に議論をしたり、良い勉強になりました。高校生とは思えないくらいしっかりしています。近頃の若い者はすごい! 

 和歌山からは、FB友達の小幡和輝さんが、去年に引き続き参加していました。

 高校生社長の、あの小幡和輝さんです。新年度からは、和歌山大学の観光学部の一年生になります。

 和歌山の若者も負けていませんよ。和歌山からは小幡さん含め、5人も参加してくれました!

(高校生100人×国会議員vol.4のランチ風景。)

 グループ討議では、「社会保障ー消費税の使い道」のテーマの討議に参加しました。蓮舫参議院議員、社会活動家の湯浅誠さん達と同じグループです。

 高校生らしく、少子化対策として、受験や塾のための費用などを消費税で出せないか、親の所得格差が子どもの学力格差になっているのを是正するためもらい切りの奨学金をつくれないか、など具体的な提案が出てきました。

 子育てに関しては、なにぶん、経験が無いので、試行錯誤。それでも、真剣に議論する姿には感動しました。大人は、事実関係などを補足するだけで、議論は高校生が積み上げました。

 他のテーブルには、旧知の東京都教育委員乙武洋匡さんや、京都造形芸術大学マンガ学科授寺脇研さんなどの顔も見られて、私にとってはプチ同窓会になりました。

 彼らのHPには、参加者の感想が載っていました。一つだけ、引用しておきます。

 【政治家もぼくも、言葉の重さは一緒だった。】

 目の前にいるのはニュースでみたことのある政治家のおじさん。

 横には電車で読んだあの本の女性作家が座っている。

 そして全国の同世代のみんなが僕を囲む。

 みんな、僕の話を聞いている。僕の主張を聞いている。

 政治家もぼくも、言葉の重さは一緒だった。  (参加者談)

経済産業委員会 質問に立ちます!

3月28日(金)14時10分より開催の経済産業委員会に、

○経済産業の基本施策に関する件
○私的独占の禁止及び公正取引に関する件
などに関しまして、

14時50分~15時15分(所要25分)質問に立ちます。

下記の衆議院インターネット中継TVでご覧頂けます。
www.shugiintv.go.jp/jp

大相撲とサッカーと

(春日野親方のごあいさつ。)

 大相撲春場所が終わりました。大阪での春場所には思い出があります。子どもの頃、親戚のオジサンに春場所に連れて行ってもらいました。先代貴ノ花が大関の場所でした。今でも、鮮明に思い出せます。

 和歌山出身の元関脇栃乃若の春日野部屋には昔から和歌山後援会があります。春場所の千秋楽の翌日、毎年祝賀会が開かれます。

 今年は、国会日程が空いていたので、祝賀会に参加、乾杯の音頭を取らせていただきました。

 春日野部屋では、西の関脇栃煌山と西の5枚目碧山が共に9勝6敗。幕下の栃ノ心が全勝優勝。スタッフを入れて50人を超える大所帯の部屋ですが、各力士それぞれの結果となりました。

 私たち、政治家も選挙は勝負です。私の場合で、2勝1敗。かろうじて勝ち越し、、、、苦笑。お相撲さんの気持ちはよくわかります。

 それにしても、同じく和歌山出身の元幕内久島海の田子ノ浦親方が2012年に急逝し、応援できなくなったことが本当に残念です。碧山は田子ノ浦部屋から春日野部屋に移った力士です。

(アルテリーヴォ和歌山の辻本茂輝新監督のごあいさつ)

 同じ日に、同じホテルで、和歌山からJリーグを目指すアルテリーヴォ和歌山のファンの集いもありました。幸い、掛け持ちで両方に顔を出すことができました。

 アルテリーヴォ和歌山発足以来、ずーっと応援してきました。7年経って関西1部リーグで活躍中。更に上を目指して頑張りましょう!

(阿部巧也主将のごあいさつ)

  いつもブログに書いてますが、ウキぺディアから、アルテリーヴォ和歌山の歴史を抜粋します。

 2005年、Jリーグを目指す社会人サッカークラブを創設する会「和歌山からJリーグチームをつくる会」として発足。

 2006年 「NPO法人和歌山からJリーグチームをつくる会」として正式発足。チーム名は「アルテリーヴォ           和歌山」。 「アルテリーヴォ」は、イタリア語のARTE(芸術)とARRIVO(到達)をあわせた造語。

 2007年、和歌山県社会人サッカー連盟 教育リーグに登録。

 2008年、和歌山県社会人サッカー3部リーグ全勝優勝を果たし、2部昇格。

 2009年、第89回天皇杯への初出場を果す。和歌山県社会人サッカー2部リーグ全勝優勝を果たし、1部昇   格。

 2010年、第90回天皇杯に出場。関西リーグ2部昇格。

 2011年、第91回天皇杯に出場。関西リーグ1部昇格。

 2012年、第92回天皇杯に出場。一回戦でFC岐阜SECONDに勝って天皇杯初勝利。

 2013年、第93回天皇杯に出場。J3発足によりチーム数が減少したJFLに入会希望申請書を提出したが入会 出来なかった。

 

第6回沖縄国際映画祭

(沖縄国際映画祭、那覇国際通りのレッドカーペットで宮川たまこさんと。)

 今年も、沖縄国際映画祭の季節がやってきました。第6回目の映画祭は、3月20日(木)から24日まで開催されます。

 私は、国会日程などをやりくりして、22日(土)、23日(日)の二日間、行ってきました。

 土曜日は、宜野湾市の沖縄コンベンションセンター付近と浦添市の会場に。今年の特徴は、宜野湾市だけでなく、北谷町、沖縄市など、会場が県内全域に広がっていったことです。

 短編映画の制作や物産品の販売などは県下の41市町村が全部参加しています。

 映画祭の副題も「島ぜんぶでおーきなこと」とあり、命名は地元の子どもたちだとのこと。

(宜野湾市の会場。)

 映画祭ですが、「OKINAWA KAWAII」のファッションショーなどもあって、会場は大勢のお客さんでごった返していました。

 イベントだけでなく、日本のエンタテインメント産業とアジアをつなぐ国際見本市、交易会の機能も発揮するようになってきました。

 何事も継続は力なり。6年続くことで、地元の沖縄県民の皆さんに受け入れられていることが良くわかりました。

 その象徴が日曜日の那覇市内、国際通りでのレッドカーペットでした。

(国際通りのレッドカーペットのスタート地点にて。)

 映画祭の応援隊長、沖縄出身の吉本芸人「宮川たまこ」さんと映画祭実行委員長の大崎洋吉本興業社長が握手でレッドカーペットの参加者を送り出します。

 映画スターや、監督、お笑い芸人さんに加えて、地元の皆さんが大勢レッドカーペットの上を歩きます。

 これが沖縄映画祭の特色です。来年、統合されて廃校になる小学校の卒業生や、商店街のオジサン達。

 にぎやかに練り歩いていました。

( 「OKINAWA KAWAII」のファッションモデルさん。)

 最後に、大崎洋社長と翁長雄志那覇市長のごあいさつで締めくくり。

 歩く方も、見ているファンも皆さん笑顔のパワフルな会場に、勇気をいただきました。

 経産省メディアコンテンツ課長以来、エンタテインメント産業の振興が、ライフワークの一つになっています。

 2年前の経産省の大臣政務官時代、エンタテインメント産業の海外進出のためのコンテンツファンドのアイデアを育てました。法案は、野党になった昨年成立。コンテンツを輸出して、日本がメシを食う時代にしたいものですね。

(大崎洋社長のごあいさつ。)