NPO法改正とNPO活動の推進

超党派のNPO議員連盟が議員立法で「特定非営利活動促進法」を成立させてから18年が経過しました。

私は、初当選以来同議員連盟に所属し、事務局長として活動しています。

2011年には、所轄庁の変更や認定基準の緩和など抜本的な改正を行いました。

民主党政権の下で、寄付金の税額控除という世界にも例を見ない大きな改革が行われたことを受けて、議員連盟で準備をし、全会派一致で国会を通しました。

今回も全会派一致で、2018年6月に、手続きの見直しや情報公開の一層の推進をはかる改正が行われ、来年4月1日から施行される予定です。

内容は、
(1)インターネットによる公告を可能にし、認証申請時の書類の縦覧期間を2か月から1か月に短縮。
(2)登記事項から「資産の総額」を削除し、毎年、法務局に出向かなくてもよくなる。一方、貸借対照表の公告を義務付けるが、インターネットの飼養を可能にする。
(3)海外送金の届け出に関して、毎回事前提出していたことを止めて毎年1回の事後提出とする。
(4)マネーロンダリング対策として、事業報告書等の備置期間を3年から5年に延長。
(5)内閣府ポータルサイトを活用した情報提供の努力義務化。
(6)「仮認定」を「特例認定」に名称変更。

以上は、事務の簡素化などを望んでいたNPO法人の皆さんのご要望にお応えしたものです。

これまでの議員連盟の努力の結果、18年前のNPO法人の認証法人数23が、2016年8月現在51,197となりました。

寄付金の税額控除が可能になる認定法人数は、同じく962に達しています。

その結果、NPO法人全体の財政規模は内閣府の推計で約1兆円。NPO法人の年間給与総額は7197億円、有給職員数は約25万人(内女性は6割以上)。

過去5年間の日本政策金融公庫からの融資は4046件。昨年からは、NPO法人も信用保証制度の対象にもなっています。

これからもNPO法人の活動を応援するために、NPO議員連盟の事務局長として、さらなる制度改正や運用の改善に取り組んでいきます。

民進党和歌山県連結成大会

dscn3619

10月8日(土)、民進党和歌山県連の結成大会が行われました。

記念講演は、党本部から広報局長の大塚耕平参議院議員。

「日本の現状と民進党の使命」というタイトルで、今の安倍内閣の政策のリスクの高さと健全な野党の必要性を熱く語っていただきました。

dscn3635

講演の後の、躍進パーテイーでは、支援者の皆さんに集まっていただき、今後の巻き返しに向けて心を一つにすることができました。

近々、行われるかもしれない衆議院解散総選挙に向けて緊張感のある結党大会になりました。

ふつうの人から、豊かになろう。

本会議

アベノミクスは、円安と株高で一部の大企業とひとにぎりのお金持ちだけが得をする政策です。

いずれ国民の末端にもおこぼれが回ってくるから待っていなさいというトリクルダウン理論は実現しませんでした。

人口が減少し、成熟した経済の下で、いたずらに経済成長を目標にする政治には限界があります。

成長を否定しているわけではありません。しかし、まずは国民一人一人の幸福を目標にする政治に変えるべきです。

すべての子どもが、同じように必要な教育や医療を受けることができれば、子ども達の能力が花開き、結果として日本経済の力が強くなります。

所得制限を付けずに、すべての子どもに教育や医療の現物サービスを提供すること。その財源は、消費税でみんなで薄く広く負担します。

すべての人が負担し、すべての人が受益する社会です。

私は、子どもへの教育や医療を権利として認めて、幅広く現物のサービスを無料で提供する「人への投資」を提案します。

これこそが、「ふつうの人から豊かになる」道です。

ふつうの人から、豊かになろう。

休眠預金の活用

67b65dcc-s

日本財団主催のイノベーションフォーラムに参加。

テーマは、『市民。企業。NPO。政府。国際機関。世界中のあらゆるネットワークに働きかけ、知識・経験・人材をつなぎ、ひとりひとりが自分にできることで社会を変える、ソーシャルイノベーションの輪をひろげていくことで、にっぽんの将来をつくります。 』

その中で、「休眠預金が拓く新たな時代」のパネルで、休眠預金活用の必要を力説してきました。

前国会で、「民間公益活動を促進するための休眠預金活用法案」が審議されました。

衆議院の財務金融委員会で審議終了し、採決の一歩手前で時間切れとなり、今国会が勝負です。

この法案は、毎年500億円程度発生する「休眠預金」を使って、社会的課題の解決のための民間団体の公益活動を支援する枠組みをつくるものです。

預金者への払い戻しには全力を尽くす一方で、預金保険機構にファンドをつくり、情報公開を徹底してガバナンスをきかせた運用を目指します。

子どもや若者の支援、日常生活等を営む上で困難を有する者の支援、地域化成加藤の支援の3分野が対象になります。

これまで、国や地方自治体が対応できなかった課題を解決するために複数年度主義で、たとえばソーシャル・インパクト・ボンドなどの革新的な手法の開発を促進します。

そして、この資金をシーズマネーとして、民間資金も調達することを通じて、国内の公益活動を活発にしていきます。

民間の公益活動を推進するために画期的な法案です。

議員連盟の総力を上げ、今国会で、必ず本法案は成立させます。

敬老の日

c352e5b0-s

9月19日は敬老の日です。

朝から、和歌山市内の敬老会を駆け回りました。

和歌山市内で今年満100歳になられた方は97名。

その内、男子はわずかに5名。女子は92名です。

すでに、女性は活躍しています。

8f2e2c67-s

敬老会では、べっぴんさんで笑顔良しの女子の皆さんにパワーをいただきました。

有難うございます。

93ff6051-s

健康で長生きできる社会。

財政面でも、安心できる政府をどうして作っていくのか。

大きな挑戦です。

薬師寺大谷徹奘師の法話を聞いて

(大谷徹奘師と記念撮影。)

忙中閑あり。

薬師寺執事の大谷徹奘師の法話「心を耕そう」を聞く機会をいただきました。

師は故・高田好胤薬師寺住職に師事、1999年春から全国各地で「心を耕そう」をスローガンに法話行脚をされています。

読売新聞販売店「山崎新聞舗」の40周年記念事業として開催された会でした。

わかりやすいお話に目がウロコ状態に。お言葉一つ一つにパワーがありました。

(大谷徹奘師のお話し。)

体験経験によって人それぞれに価値観ができ上がり、それによって生き方考え方が決まってくる。その全体が「心」なのだ。

そして、その心が「我」となり、傲慢、独善で孤立に向かうか、謙虚に調和に向かうかは人それぞれ。

聴話(他人の話を謙虚に聞くこと)で、幸せをつかむことができるというお話です。

文字にすると当たり前に聞こえますが、大谷徹奘師の生身のお言葉で聞くとストンと腑に落ちます。

素晴らしいご縁をいただきありがとうございました。

民進党代表戦終わる。

(代表戦前の決起集会でガンバローコールをする岸本周平。)

民進党の代表選挙が終わりました。

蓮舫候補503ポイント、前原候補230ポイント、玉木候補116ポイント。

ベストを尽くしましたが、負けました。

私は、当選同期の玉木雄一郎さんが、新しい民進党をつくるのにかかせないリーダーであると信じ、選挙対策本部の事務総長を引き受けました。

蓮舫さんも前原さんも素晴らしい政治家です。政治経験も豊富ですし、私も尊敬しています。

しかし、お二人は旧民主党の失敗のイメージが強すぎると思いました。

二大政党政治の国では、政権転落した政党は、若いフレッシュな党首を選び、しっかりと育てます。

政権交代は、野党が立派だからという理由では起きません。政権与党が失敗したときに、政権が回ってくるため、時間もかかります。それまでに、しっかりと受け皿になるよう準備するのです。

その意味で、当選3回の玉木候補は未熟かもしれませんが、色がついていない分だけ、国民の期待感に訴えることもできますし、みんなで育てていけば良いと考えて応援しました。

(玉木候補の演説。)

一方で、選挙中に蓮舫候補の「二重国籍問題」が出てきました。

この問題は、個人の国籍の問題ではありません。まさに、民進党のリスク管理の問題です。

枝野幹事長にも申し入れ、常任幹事会でも発言したのは、本件に関して、党として、なぜ正式なコメントが出せないのかという点です。

過去の経歴詐称事件や、偽メール事件などの教訓を生かしているとは言えません。

甘い見通しの下、説明が二転三転し、国民の不信を買うことがあってはいけません。

党のガバナンスの問題として憂慮しています。

しかし、新代表が選ばれた今となっては、一党員として、しっかりと党を支えていきます。

解散総選挙は近いと思います。今日から、生き残りをかけて闘います。

民進党兵庫県連新体制での研修会

(講演中の岸本周平。)

民進党兵庫県連の自治体議員会議で、政策勉強会の講師をしてきました。

参議院選挙後、井坂信彦代表の下、兵庫県連では新体制が発足しました。

先の参議院選挙では、和歌山県連を上げて、兵庫の水岡しゅんいち候補を応援したご縁で、第1回目の自治体議員会議の研修会に招かれたしだいです。

会場では、新体制発足直後の熱い空気を感じました。

参議院選挙の際のマニフェストを使い、政策の中身を説明しました。

問題は、このマニフェストがいまだに、自民党を同じように「新自由主義経済」の影響を引きずっていることです。

分断社会を無くすために、社会保障の普遍主義(所得制限をつけない。)を徹底するかどうか。

消費税の財源を借金返しにのみ使うのではなく、現役世代にもメリットがある形で、すべての人が受益する社会を目指すのか。

これから、新しいマニフェストを作っていかなければなりません。

(研修会の模様。)

しかし、その内容も重要ですが、作り方もたいせつです。

これまでは、選挙直前に、党の一部の国会議員が密室で作ったものを、党全体でしっかり議論するいとまもなく決定していました。

英国の党大会では3日も4日も費やしてマニフェストを作ります。

米国の党大会も4年に一度、数日かけてプラットフォーム(公約)を作ります。

これからは、自治体議員も含め、地域から意見を集約した上で、党大会で2、3日かけてマニフェストを作り上げるべきです。

今日は、このような党改革についても大いに議論しました。

今、行われている代表選挙でも、玉木雄一郎候補は、上記のような党改革を訴えています。

誰が代表になっても、党改革は必要だと思います。

ちなみに、自治体議員の代表選挙投票のウエイトをもっと上げるべきだと思います。国会議員だけの政党だったから、旧民主党は弱かったし、今の民進党もその弊害から脱皮すべきです。

民進党代表選挙始まる!

(大阪で開催された代表選の候補者討論会。)

9月2日、民進党の代表選が告示されました。

新しい党のスタートのためには、新しいリーダーが必要です。

私は、玉木雄一郎代議士を代表にするため、選挙対策本部の事務総長を引受けました。

玉木候補の当選を目指し、全力を尽くします。

(第1回選対会議の模様。)

これまでのところ、玉木雄一郎候補、大健闘です。

私が玉木候補を応援する理由は、まず、人格、能力、見識共に代表にふさわしい。

次に、党が生まれ変わるには新しい顔が必要。

経験不足は、政権奪還までに、皆で育てることでカバーします。

(演説する玉木候補。)

英国の前首相キャメロン、ブレア、カナダのトルドー首相も当選回数が少ない段階で党首になりました。

政権交代を目指す野党の王道です。

ご支援よろしくお願い申し上げます。

ワシントンのシンクタンク

(CSISのマシュー・グッドマン氏。)

毎年、定期的にワシントンを訪問し、シンクタンクの友人たちと意見交換を続けてきました。

いつもは、5月の連休中に行くのですが、今年のゴールデンウイークは超党派の議員団で中国に行ったため、8月にワシントンに出張しました。

CSIS(戦略国際問題研究所)のマシュー・グッドマン氏や外交評議会のシーラ・スミスさんなどと意見交換。

憲法改正問題、日米経済、TPPの行方やアメリカ大統領選挙について、有意義な議論ができました。

(外交評議会のシーラ・スミスさん)

ワシントンのインテリの間では、トランプ大統領候補の評判はすこぶる悪く、共和党系のシンクタンクの研究者の多くが、トランプの政権には入らないという署名をしていました。

シーラ・スミスさんは、、トランプ候補が勝ったら、息子はカナダの大学に入れて、自分も亡命するとまでに批判的。

彼女には、、その時には和歌山に亡命するよう勧めておきました(笑)。

(経団連ワシントンオフィスでのワークショップ。)

旧知の山越厚志さんが二回目の経団連ワシントン事務所長をしておられ、オフィスに伺いました。

山越所長がワシントン駐在の経団連加盟社の代表に声掛けをして下さり、日米の政治経済問題のワークショップが実現。勉強になりました。