黒田日銀総裁のハローインバズーカ砲は国を滅ぼす。

 黒田日銀総裁のサプライズバズーカ砲第2弾は、GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)の年金資金運用上、株式への投資を倍増させるルール変更と相まって、株価を上げ、円安をもたらしました。

 サプライズの手法は戦術的に評価できますが、政府の発行する国債をすべて日銀が市場から購入するというのは、財政ファイナンスそのものです。円安はますます、国民の生活を窮乏化させます。株のバブルは必ず破裂します。

 虎の子の年金資産をそのようなリスクにさらしてはいけません。GPIFの前身の年金福祉事業団は資産の自主運用事業を赤字で閉めました。誰も責任を取っていません。

 この国はどこへ行こうとしているのでしょうか?

 日銀は年60兆~70兆円のペースで増やすマネタリーベース(資金供給量)を、約80兆円に拡大することを決定しました。

 中長期国債の買い入れペースは年約80兆円と、現状の約50兆円から約30兆円増やし、平均残存期間もこれまでの7年程度から、今回7~10年程度になります。 GPIFが国債の運用比率を下げた分を、日銀が引き受ける形です。

 上場投資信託(ETF)と不動産投資信託(REIT)の保有残高は、それぞれ年間約3兆円と年間約900億円と3倍に増やしました。

 マネタリーベースの拡大と、資産買い入れ額の拡大の決定は、いずれも賛成が5、反対が4の僅差。反対したのは経営者もしくは金融のプロの民間人で、賛成は日銀執行部と学者のお二人です。

 おりしも、アメリカの中央銀行FRBが量的緩和を終了した直後です。

 世界的な流動性の真空地帯が生じたタイミングで、日銀とGPIFが埋めてくれるわけですから、世界中の金融投資家は大喜び。ハローインのマーケットは、アジア、ヨーロッパ、ニューヨークと大きく株価が跳ね上がりました。

 そして、一方では円安が進行しました。31日のニューヨーク市場は112円台と約7年ぶりの円安ドル高で終わりました。

 政府の発行した国債をほぼ全額中央銀行が買い取る「財政ファイナンス」が日本で起きるとは思いもよりませんでした。

 こんな状況で、プライマリーバランスの半減目標達成、、、、なんて言っても意味はありません。

 また、円安が、輸出を増やすことなく、物価の引き上げ要因となって、家計の実質購買力を奪い消費を抑制していることは前回のブログでも指摘したとおりです。

 原油安等で消費者物価の値上がりが思ったように進まないからと言って、完全雇用下で、無理に物価を引き上げる必要があるのでしょうか?

 アベノミクスの出口戦略は、ますます難しく、針の穴にラクダを通すことになりそうです。国会で追及していきます。

アベノミクスによって、日本経済はどうなってしまったのか?

 アベノミクスの評価に関しては、これまでも述べてきたが、第一の矢はコスト先送りの異次元の金融緩和政策であり、第二の矢は需要先食いの財政のばらまき政策です。

 どちらも、第三の矢の成長戦略のための時間稼ぎの政策です。しかし、経済成長率のトレンドが上向くような状況には至っていません。

 経済の先行きは不透明なままですし、昨年の経済成長は第二の矢の公共投資のばらまき政策によるものでした。円安にもかかわらず、輸出は伸びませんでしたし、物価上昇による実質賃金のマイナスにより消費は冷え込んでいます。企業の設備投資も出てきません。

 日本経済の潜在成長率は、現在0.3%程度と推計されています。80年には5%、90年でも4%あったものが、95年には1.5%、2000年に1%とつるべ落としで落ちてきました。

 その背景には、生産年齢人口の減少があります。足元の労働投入量はマイナス0.6%です。労働投入量が減っても、TFP(全要素生産性)や資本投入量が増えれば潜在成長率は上がります。

 しかし、民間投資から減価償却を引いた民間準資本ストックは2008年からずーとマイナスです。

 民間準資本投資をまかなう国民純貯蓄が2009年度以降、これまたずーとマイナス近辺で、もはや日本は富を積む国ではなく、国富を費消する経済になっているからです。

 その原因は、社会保障予算による政府の赤字です。

 金融緩和や財政のバラマキでは、解決できない問題なのです。

 まずは、社会保障分野のスリム化を行った上で、第三の矢の規制改革による魅力的な投資先をつくることしか解決策はありません。

 その一方で、潜在成長率が0近辺なのに、財政のバラマキで、昨年度は2.3%の成長でしたから、既に完全雇用の状況です。完全雇用下の財政・金融政策発動もナンセンスです。

 今回のクラウデイングアウトは、おカネの面ではなく、公共投資による建設労働者不足や資材の高騰で民間の建設投資を抑制する形で現れています。

 また、円安で、輸入物価が上昇し、家計部門の実質購買力を抑制し、消費を冷え込ませています。

 株価が上がっても、日本の個人金融資産はほとんどが預貯金や生命保険ですから、国民の生活実感は良くなり得ません。

 異次元の日銀の金融緩和策の出口戦略の難しさを考えても、アベノミクスを続けることの危険性は言わずもがなではないでしょうか
 
 このような議論を、経済産業委員会で宮澤洋一経産大臣とさせていただきました。

 

防衛省・自衛隊60周年記念航空観閲式

(航空自衛隊百里基地にて。)

 10月26日(日)、防衛省・自衛隊60周年記念航空観閲式に参加しました。

 1954年(昭和29年)7月1日に、防衛庁が設置され、当時の保安隊及び海上警備隊がそれぞれ陸上自衛隊、海上自衛隊になるとともに、航空自衛隊が新たに創設されました。

 3年ごとに、陸、海、空の自衛隊の観閲式が行われる中で、まさに、60周年の節目の年に航空観閲式が挙行されました。

 当日は、民主党国会議員団のメンバーとして、市ヶ谷の防衛省からCH-47J輸送ヘリコプターに乗り込み百里基地に向かいました。

(航空自衛隊CH-47J輸送ヘリコプター。)

 秋晴れの下、自衛隊の精鋭部隊の演習展示を拝見し、日ごろの訓練の精度の高さを感じました。ブルーインパルスの飛行展示はさすがでした。隊員の士気の高さとその練度に感動しました。

 また、航空自衛隊の各種の航空機も地上展示されており、大勢の市民が見学に来られており、自衛隊への理解が深まることに貢献するものと思います。

(航空自衛隊F- 2A/B戦闘機。)

 観閲飛行には、航空自衛隊の輸送機、早期警戒機、戦闘機などの他にも、陸上自衛隊の対戦車ヘリコプター、観測ヘリコプターや、海上自衛隊の対潜哨戒機、救難機なども参加していました。

 最近の航空自衛隊の活動としては、弾道ミサイル破壊措置命令に伴う対処や、日米豪の共同訓練などに加え、東日本大震災やフィリピンの台風被害はじめ各種の災害派遣やマレーシア航空機消息不明事案に関する国際緊急援助活動などが記憶に新たです。

 国民の安心、安全の確保のために、航空自衛隊をはじめ陸上、海上の自衛隊の皆さんのますますのご精進と活躍を期待します。

(特別儀じょう隊の勇姿。) 

議員外交の醍醐味―日韓・韓日議員連盟の成果

(日韓議員連盟終了後の記念撮影。)

 日韓の首脳会談が行われないという異常な事態が続いています。政府間ではなかなか打開の糸口が見つかりません。

 こういう時こそ、議員外交の出番だと考えています。

 その意味で、10月24日(金)、25日(土)の二日間、ソウルで開かれた第37回日韓・韓日議員連盟の総会が開催されたことは時宜を得たものだと思います。

 日本からは超党派の議員団が30名参加。私も議連の事務局長代理として出席しました。

 今回は、額賀福志郎会長をはじめ議連の代表団とパク・クネ大統領との会談を行うことができました。韓日議員連盟のソ・チョンウオン会長も同席していただきました。

 パク大統領からは、「両国の象徴的懸案が慰安婦問題であり」、この問題の解決は「雨降って地固まる」のとおりの強固な関係をつくることになるとの言及がありました。

 額賀会長からは、「慰安婦問題に関し、、、、安倍総理は村山談話と河野談話を継承する旨公式に述べている。したがって両国首脳が会い、問題解決のための政治的意志と指針を与えることが良いと思う。」と対応。

 その後の議員連盟の会議では、37回の歴史の中で初めて慰安婦問題を議題にしまいsた。

 そして、共同声明では「両国議員連盟は、歴史問題の象徴的な懸案である慰安婦問題において正しい歴史認識のもとで、当事者達の名誉回復と心の痛みを癒すことが出来るような措置が早急に取られるように日韓双方が共に努力することにした。」と発表するなど大きな成果を上げることができました。

(法的地位委員会のウ・ユングン委員長を囲んで、記念撮影。)

 分科会の議論では、私は法的地位委員会に所属し、永住外国人の地方参政権問題や、ヘイトスピーチの問題点などについて、本音の議論を交わすことができました。

 ランチタイムや夕食の時間には、旧知の韓国の国会議員と友好を確かめることもできましたし、議員外交の重要性を実感した2日間となりました。

 最後に、日韓議員連盟終了後の共同記者会見に事務局長代理として参加し、説明をしました。

 来年の東京での38回総会に向けて、一歩ずつ前進をしていきます。

(日韓議員連盟終了後の共同記者会見。)

財務金融委員会&経済産業委員会 質問に立ちます!

10月29日(水)財務金融委員会、並びに、経済産業委員会に、下記時間帯で質問に立ちます。

≪財務金融委員会≫ 午前10時50分~11時15分
○関税暫定措置法の一部を改正する法律案 について

≪経済産業委員会≫ 午前11時25分~11時55分
○経済産業の基本施策に関する件 について

下記の衆議院インターネット中継TVであります。
ぜひご覧ください!

www.shugiintv.go.jp/jp

女性が輝く社会とは?

(元世界銀行副総裁西水美恵子さん。)

 安倍内閣は「女性が輝く社会」を実現させようとしています。

 その趣旨には大いに賛成です。

 しかし、その手法には疑問があります。

 まず、企業の管理職の内女性の比率を3割にすることを努力目標とし、アメやムチで企業を指導するとのこと。また、女性が経営する企業には補助金を出すようです。何だか、上から目線のように感じます。

 その前に、自らの内閣において、女性閣僚を5人任命するなどの努力もされています。

 それこそ、お気持ちは判るのですが、、、、、。

 なぜか、社会の上澄みの部分だけのきれいごとに感じてしまうのは私だけでしょうか?

 このブログでも、何度も書いていますが、女性の貧困問題、シングルマザーなどひとり親家族の貧困問題などを解決することこそが、女性が本当に輝ける社会なのではないかと思います。

 その上で、社会の指導的立場の女性が多くなり、輝くための手法を考えてみたいと思います。

 ヒントは、元世界銀行副総裁の西水美恵子さんのエッセイにありました。

 西水さんが毎日新聞に連載中の「時代の風」(2014年4月6日版)のタイトルは「女性の登用促進策」です。

 西水さんが副総裁をした世界銀行でも、女性登用に挑戦しなければならなかったそうです。

 彼女は、その際に、大事なことは「優秀な人材を男女の区別なく選ぶこと」であり、女性の特別枠などつくるべきでないと決めました。

 まず、組織内での女性候補を増やし、ヘッドハンテイングも利用する。その上で、採用委員会をつくり、構成を男女半々にする。メンバーは幅広く、上司、部下の他、運転手さんや秘書さんも入れる。

 特に、面接官は男女同数。しかも、以上の選抜方法を予め候補者に周知徹底する。

 このような選考課程を経た結果は、、、、? 「十中八九、女性が選ばれた」そうです。

 「管理職の候補と見なされる女性は、大小さまざまな差別の障壁を乗り越えてきた」ので、「そういう人材がトップになる確率は、高くて当然」と西水さんは喝破します。

 政府にとやかく言われて、特別枠をつくるよりも、とてもスマートなやり方ではないでしょうか?良いことはマネをしませんか。

 私の友人の女性起業家がこんなことを言ってました。

「女性が輝く社会、、、なんてね。輝いているオジサン達ってどこにいるの?まずは、あんた達、輝きなさいよ!それに、私は補助金なんか要らないわ。女性経営者だから補助金?そんな会社、すぐに倒産するわよ!」

伊太祁曽神社の神輿渡御

(伊太祁曽神社の神輿をかつぐ岸本周平。)

 三社参りで有名な伊太祁曽神社の秋季例大祭、神輿渡御に参加しました。

 例大祭は10月15日なのですが、最近、神輿渡御は大祭の後の最初の日曜日となっています。

 伊太祁曽神社は神様が三柱いらっしゃるので、お神輿も三基です。

 主祭神の五十猛命(イタケルノミコト)をはじめとして、大屋津比売命(オオヤツヒメノミコト)、都麻津比売命(トマツヒメノミコト)は素戔嗚尊(スサノオノミコト)の子どもさんたちです。

 この 「伊太祁曽三神」 は木の神さま、緑化の神さまとして古来より信仰を集め、日前宮ともども和歌山の「一の宮」として、崇敬されてきました。

(渡御出発前のにぎわい。)

 しかし、最近の少子高齢化もあって、どうしても若い氏子さんが減ってきて、ボランティアの手を借りなければ三基のお神輿は担げません。

 そのため、三基ともに渡御ができるように、日曜日に渡御をするようになりました。

 私も浪人中は毎年、担いでいたのですが、当選してからは忙しくなりご無沙汰しておりました。今年は、気合を入れて久しぶりに担がせてもらいました。重かったですね、、、、。

 秋晴れの一日、気分良く、初心を思い起こしながら奥宮の丹生神社まで運ばせていただきました。氏子総代、役員の皆さん有難うございました。

(伊太祁曽神社の奥宮、丹生神社。)

 和歌山市内でも、四季の郷公園のある山東地区はのどかな田園地帯です。ゆるやかな山々の稜線をながめながら、田舎道を練り歩きました。秋晴れの下、最高の気分転換になりました。

 もっとも、奥宮まではそうとう遠いので、途中はトラックの荷台にお神輿をお乗せしての渡御となります。

 少子高齢化に対応したお神輿の担ぎ方かもしれませんね(苦笑)。

 神話の中に息づく神さまとの交流ができる、神輿渡御の伝統は、ずーと残していきたいものです。

アメリカ空軍パシフィック・アジアバンドが和歌山に!

(USAFパシフィック・アジアバンドの演奏。ボーカルはレベッカ・アレン軍曹。)

 この週末、横田基地に所属するアメリカ空軍のパシフィック・アジアバンド(太平洋音楽隊ーアジア)が和歌山を訪れ、三か所で演奏会を開いてくれました。

 10月18日(土)には、白浜町の白浜会館で県立田辺高校の吹奏楽部などと一緒に演奏会。

 昨日の19日(日)には、和歌山市内のアートキューブでコンサート。その前には、市内の中学、高校の吹奏楽部の皆さんと交流会で演奏の指導をいただきました。

 このバンドは有名なグレンミラー楽団の伝統を継いでおり、ジャズのビッグバンドとして、全米からの厳しいオーディションを勝ち抜いたプレーヤーしか入れない軍楽隊です。ですから、そのレベルは本当に高くて、プロ中のプロの演奏でした。

 交流した、和歌山の生徒さんたちはすごい刺激をもらったものと思います。

 隊長はヘイリー・アームストロング大尉。女性の指揮者ですが、素晴らしいリーダーシップでした。

(ヘイリー・アームストロング大尉の指揮。)

 私も演奏会の冒頭、英語で歓迎のあいさつをさせていただきました。

 というのも、主催者の実行委員会の委員長の木下晴夫さんから、ぜひ、英語であいさつして隊員にエールを送って欲しいと頼まれたものですから。

 木下さんは和歌山生まれで、航空自衛隊のご出身です。音楽をこよなく愛され、紀三井寺にデサフィナードというライブカフェを経営されています。

 本当に音楽を愛する人々のために、ジャスラック(日本音楽著作権協会)と戦い、裁判で勝利した剛の者です。

 私も、経産省のコンテンツ課長の経験から著作権問題に詳しかったこともあって、浪人時代から一緒に活動してきました。

 木下さんの素晴らしい実行力で、今回の和歌山演奏会が実現しました。

 しかも、今日20日(月)は、龍神村に墜落した大型爆撃機B29の搭乗員の追悼のため、慰霊碑の前で演奏しました。

 昭和20年5月5日にB29が墜落した時、龍神村の村人は敵国ながら、生存した4人の搭乗員は助けて、死亡者は手厚く葬りました。その後の6月に慰霊祭を行い、以降今まで70年間慰霊祭を続けてきたそうです。

 慰霊碑が建立されたのは昭和24年。米軍関係者がその時慰霊碑を訪れてから、今回の米空軍訪問が65年振りだとのこと。

 戦時中に墜落した米兵を弔ったのは龍神村だけではなく、全国各地にあったことで、日本人の素晴らしさの象徴でもあります。たとえば、ジョー・オダネル著「トランクの中の日本」という写真集の中で、九州の八幡地区でも、アメリカ人飛行士の墓の写真が紹介されています。

 しかし、その代表選手として龍神村で慰霊の追悼演奏会が行われることは和歌山の誇りです。

 木下さんはじめ関係者のご尽力に心から敬意を表します。

「新しい公共」の新たな船出!

(「新しい公共・社会的包摂総合調査会」の第1回会合の模様。)

 民主党「新しい公共・社会的包摂総合調査会」の第1回会合がスタートしました。

 心機一転、「すべての人に居場所と出番」をつくる運動の開始です。事務局長として精一杯頑張ります。

 まずは、安倍内閣からNPO税制を守ること、超党派でのNPO法改正、休眠口座の社会的課題解決への利用などを目指します

 会議には、7つのNPO法人から、シーズの松原明さん、日本NPOセンターの田尻佳史さん、フローレンスの駒崎弘樹さん、国際協力NGOセンターの山口誠史さん、気候ネットワークの浅岡美恵さん、自立生活サポートセンター・もやいの稲葉剛さん、自殺対策支援センターライフリンクの根岸親さんに参加いただき、熱い思いとご意見を聞かせてもらいました。

(事務局長として司会進行する岸本周平。あいさつするのは海江田代表。)

 ヒアリングでは、皆さんのNPO法人に対する税制優遇措置の削減への危機感を強く感じました。むしろ、税制は拡充すべきではないかとの意見もいただきました。

 また、NPO活動の現場では、中途半端な地方分権の結果、地域による「格差」が生じているとの指摘があり、地方が元気になることが日本を守ることになるのだという観点からは問題だとのこと。

 さらに、NPO法人の体系の中に、「配当禁止」の「出資型」類型をつくるべきとの提案がありました。資金を集める際の対象を広げる意味と、ソーシャルビジネスの活性化のためです。また、「ソーシャルセクター」というアイデンティティーを守るためにも、新たな法人体系をつくってはいけないとの趣旨も披露されました。

 また、民主党政権時には、国際交渉にもNGOが参加していましたが、安倍内閣ではその道が閉ざされてしまい、残念だとの意見。

 生活困窮者への対応も、安倍内閣になってから、厳しい状況になり格差是正とは真逆の方向に進んでいるとの現場からの悲痛な声も聞かれました。

 NPOの皆さんと一緒に、これまで私たちが進んできた道にもう一度光を当てて、「新しい公共」と「社会的包摂」の政策を磨いていきます。

(報道関係者も大勢参加いただきました。)

エボラ出血熱に対する日本の貢献をどうするか。

(グローバルファンドMark Dybul事務局長の説明。)

 世界エイズ・結核・マラリア対策基金(グローバルファンド)が設立されたのは2002年です。2000年の沖縄サミットで検討がされましたので、日本発の基金だとも言えます。

 実際に、アメリカや仏、英、独に次いで日本政府も5番目の出資国です。

 このような政府の出資の他、ビル&メリンダ・ゲイツ財団などの民間からも幅広く資金を集めています。

 エイズ対策として、抗レトロウイルス治療を受けるHIV感染者数は420万人を超えました。治療を受けた結核患者数も970万人を超え、マラリア感染予防のために配布された殺虫剤処理の蚊帳は3億張以上。

 着実に、グローバルファンドの成果が出ています。

 さらに、厚労省、外務省、JICA,ユニセフなどで活躍された國井修さんが戦略投資効果局長に就任されてからは、効率的な資金配分を行うようになりました。

 一般的な分野への予算よりも、特定の人や地域への集中的な資源投入の方が、費用対効果が高いことを被援助国に説明し、予算配分を替えています。

 また、被援助国自身も自力で財源を調達し、安定的な事業にするような指導もされています。日本が戦後のODAでつちかったノウハウが生かされています。

 今、課題のエボラ出血熱についても、緊急対応しているとのこと。

 昔から、アフリカの奥地では、感染しても自然に収束していたのだそうです。

 今回は、都市で感染拡大し、しかも、保健衛生のシステム、人材が無かったことが大きな原因だとのこと。

 たとえば、患者一人当たり一日200リットルの水が必要ですが、現地ではとても難しいこと、防護服も1着2500円相当ですが、現地には在庫が少ないことなど、基本的な衛生環境が悪すぎるのです。

 このような基本的な保健衛生システムの改善こそ、日本が貢献できる分野です。

 今朝は、エイズ、結核、マラリアを撲滅するため設立されたグローバルファンドの朝食勉強会に参加。

 初当選以来、超党派の議員タスクフォースのメンバーに選ばれていますので、引き続き国会の中で、日本政府のグローバルファンドへの貢献に尽力します。