総本家 駿河屋


 和歌山の人間にとって、「総本家駿河屋」というブランドは特別なものがあります。創業が寛正二年と言いますから、徳川御三家の和歌山ならではのお店です。その中でも、本ノ字饅頭というお菓子は創業以来の商品で、私も子供の頃から大好物でした。

 今日は、その、「総本家駿河屋」の本社工場に行ってきました。と言っても、工場見学に行ったわけではありません。株式会社駿河屋の労働組合の三役にご挨拶に行ってきました。こちらの労働組合は連合傘下の「JEC連合(日本化学エネルギー産業労働組合連合)」に所属されています。先月、「JEC連合」の研究会が日高町であり、講師として招かれた際に、青木書記長はじめ三役の方にお目にかかったので、改めてその時のお礼を申し上げに参りました。

 2年ほど前に、駿河屋さんの業績が悪化したことがあり、その際、「JEC連合」所属の労働組合が駿河屋さんの商品を積極的に買う運動をしてくれたそうです。そのおかげもあり、何とか売上を盛り返し、現在の状況にまで、復活されたそうです。今日も、お中元商戦用の商品製造でてんてこ舞いのところを、ご無理を言ってお会いいただきました。

今、「JEC連合」和歌山地連の議長は本州化学労組の川口貴敏さんですが、川口さんを中心に仲間の会社を助けようということで、組合員の皆さんにできる限り、駿河屋さんでお菓子を買うようにお願いし、また、駿河屋さんも関係組合の会社の社員証を見せたら、社員割引の値段で売ってくれたそうです。

 再建途上の白浜温泉「ホテル古賀の井」も同社の労組が所属するUIゼンセン同盟和歌山県支部が旗を振って、できる限りみんなで利用するようにしたと聞きました。

 今、「地産地消」ということが流行しています。和歌山の物産やサービスをできる限り、自分達で買って使うということはとても大事だと思います。東京の友人達へのお中元は和歌山の物産にするつもりです。浪人中なので、たいした金額ではありませんが、、、。

 今度、復活する丸正デパートの建物に入る商業施設もみんなで使いましょう。今回は、本ノ字饅頭から「地元の商店街でお買い物を!」という今まで、ありきたりに思えたキャッチフレーズの意味を再認識しました。

 ちなみに、写真のバックになっているのは、民主党の政党掲示板です。大きさは90×90センチメートル。駐車場やお家の壁に張らせてくださる方、募集中です。すみません、これは「宣伝」でした。
 

街頭宣伝車が走る!


 和歌山県議会の補欠選挙は7月21日告示、30日投票です。候補者を乗せた街宣車は21日から和歌山市内を走り回ります。一方で、民主党という政党が通常の政治活動の一環として、街宣車によって政策を訴えることは許されます。

 今日から、民主党のマークを付けた街宣車を走らせ始めました。候補予定者の名前の連呼は許されませんから、靴の上から足を掻くような感じです。まだるっこしいのですが、ルールですから仕方ありません。

 候補予定者の藤本まり子市会議員は、民主党和歌山県連では「男女共同参画委員長」の役職を務めています。藤本まり子男女共同参画委員長を先頭に、民主党和歌山県連は、子育てや、教育、福祉、人権などの問題に真剣に取り組んでいることを街宣車から訴えています。

 先日の滋賀県知事選では、3期目を目指す現職に自民、公明、民主の政党が相乗りしたにもかかわらず、「もったいない」をキャッチフレーズに、無駄な公共事業廃止を公約した嘉田由紀子さんが当選しました。争点の絞り方によっては、既成政党には有権者を惹きつける魅力がなくなっているのかもしれません。もともと環境問題を重視してきた民主党は、大型公共事業である新幹線駅舎の建設見直しを公約した新人を推薦すべきであったとの批判もありました。

 空疎で抽象的な言葉をもてあそぶのではなく、有権者の心に直接響くメッセージと政策を打ち出せるかどうかが決め手です。「改革」やら「前進」のような手垢にまみれた言葉では人の心を打つことはできません。そのことは、党派にかかわらず、政治の道を目指すすべての人に突きつけられた課題です。

 母親として、小学校の先生として前向きに生きてきた、われらが候補予定者のスローガンはこれです。

「はじける街にしたいな 和歌山 子ども達に豊かな未来を」

 私が民主党県連代表として戦う最初の選挙で、和歌山の有権者の心をつかむことができるかどうか!?その結果は7月30日に出ます。事務所開きの日から、ワクワク、ドキドキの日々が続いています。毎日、選対事務所に行き、自分の選挙のつもりで頑張っています。

オークワ労働組合「岸本周平経済セミナー」


 昨日の午後は、UIゼンセン同盟のオークワ労働組合の支部長さん達約60人ほどの会に招かれました。政治の話よりも「日本経済の話を分かりやすく説明してやってください。」と執行委員長の田中博景さんから頼まれたのがきっかけです。 私自身も、街頭演説では政治の話をしますが、今は選挙対策のための活動よりも友人を一人でも多くつくる時期だと思っています。私という人間をよく分かってもらうことが大事なことだと考えています。このブログも、頑張って投稿し、一人でも多くの人に私自身や私の考え方を知っていただけたら良いなと思っています。                           


  私の社会人生活のほとんどは財務省や経済産業省など経済官庁の政策マンとしてのものでした。また、幸いなことに米国のプリンストン大学で教鞭を取ってから、教えることの楽しさに取り付かれ、以来、埼玉大学や中央大学など国内の大学で経済学や公共政策学を教えています。 最近は、労働組合の集まりでも、経済の話をさせてもらえる機会が増えています。


 選挙に出る前の2年弱は民間企業のトヨタ自動車?で働いていました。国内の工場のみならず、中国、インドネシア、タイなどの海外の工場も実際に見てきました。親方日の丸のお役所で23年間も働いていたものですから、見るもの聞くものすべてが新鮮で、驚きの連続でした。そのようなミクロの経験も、多くの方に聞いていただきたいと思うものの重要な部分です。 


 昨日のセミナーでも、トヨタの改善運動のポイントを説明しました。「変えないことは悪である。」というのが奥田前会長の口癖でした。やり方を変えて失敗しても絶対にしからないが、やり方を変えずに失敗したら左遷させられる企業文化が根付いているのです。そして、失敗した際には、なぜそうなったか?「五つのなぜ」というプロセスで、失敗の本質にたどりつくまで、何度も質問が繰り返される現場の厳しさを披露しました。 


 さすがに、組合の支部長さん達は、熱心に講演を聴いてくださいました。質疑の時間もいただき、1時間の予定が15分以上超過してしまい、主催者の田中さんにはご迷惑をおかけしましたが、私自身も充実した時間を過ごせました。この場をお借りしてお礼申し上げます。これからも、お呼びがかかる限り、経済の講演を続けていきたいと思っています。どうかお声をおかけください。

民主プレス号外ビラ配り


 今日は、いつものように朝6時40分に事務所に集合し、のぼりとハンドマイクを準備し、南海和歌山市駅へ向かいました。いつもと違うのは、出来上がったばかりの「民主プレス号外」を配るため、多くの仲間が応援に来てくれていることです。同じ時刻からは、別の仲間がJR和歌山駅前でも同時進行で配り始めてくれています。

 今回の号外は、7月30日投票日の和歌山県会議員補欠選挙に、民主党が藤本まり子さんを公認したことを市民の皆さんにお知らせするものです。和歌山県における民主党としては、歴史的な第一歩です。

 朝の通勤通学で先を急ぐ人たちに、ビラを受け取ってもらうのは、たいへん難しいものです。しかし、大勢の人が受け取ってくださいました。私自身は、朝7時から市駅、8時前に移動して和歌山駅に立ち、「藤本まり子を先頭に頑張っている民主党です。」と訴え、ビラ配りと一体となった街頭演説をしました。応援に来てくださった皆さんのお陰で、2時間行ったビラ配りにより、約2,000枚の「民主プレス号外」が市民の皆さんの手に渡っていきました。

広瀬小学校七夕まつり


 昨日は、終日和歌山県会議員補欠選挙の関係でドタバタしていましたが、午後4時過ぎから、地元の広瀬小学校のPTA主催「七夕まつり」に参加してきました。私の母校でもある広瀬小学校では、20年以上も前から、PTA主催で「七夕まつり」が開催されています。私も所属する「壮年会」は毎年「かき氷」の売店を出しています。昨日は、蒸し暑い上、会場も体育館の中だったので、一杯100円のかき氷が飛ぶように売れました。

 本格的な器械でかき氷を作るのは生まれて初めてです。悪戦苦闘するのですが、手先がすぐに冷たくなります。5分もやっていると手先がかじかんで霜焼けになるのではないかと思うほどです。なので、壮年会のメンバーと交代ばんこでやらなければなりません。童心に返って、大のおとなたちが大騒ぎをしながら、楽しみました。

 フィナーレは運動場での花火大会です。打ち上げ花火は、そんなに大きなものではありませんが、目の前で点火され、打ちあがるので、迫力があります。最後のナイアガラは至近距離で見るので、これは「ほんまもん」の花火で、感激しました。

 後片付けも、皆さん手馴れたもので、あっという間に終了。壮年会のメンバーで近くの料理屋さんに集合して、打ち上げをやりました。ほんとうに楽しい一日でした。地域の活動がこんなに根付いているのは、やはり和歌山だからでしょう。東京では、こんなにディープな地域活動は経験できませんでした。

藤本まり子事務所開き


 今日は藤本まり子さんの事務所開きの日です。少しお天気が気になりながら、朝7時45分に自宅を出て、中島にある藤本まり子事務所に到着した頃には、既に10名ぐらいの人たちが集まって準備に追われていました。しばらくすると、ふじ色のTシャツを着た人たちが続々と詰め掛け事務所内は一気に賑やかになりました。今日の事務所開きの会場には、隣のエバーグリーンの駐車場をお借りしています。ふじ色のTシャツを着た若者たちが、小雨交じりの中、手際よく受付用のテントを立ち上げています。
  
  9時頃にいよいよ今日の主役藤本まり子さんが登場し、スタッフ全員が集まって、朝礼が始まり、まり子さんは集まってくださった皆さんにお礼を述べられました。そうこうしているうちに、エバーグリーンの駐車場には、続々と支援者の皆さんが詰め掛け、事務所開きの式典が始まる頃には、広い駐車場は立錐の余地がないくらい満杯になっていました。
 
  式が始まり、最初に挨拶に立たれたのは、後援会長でした。穏やかな中にも力強さを感じるお言葉は、とても胸に響きました。続いて私の番です。私は、まり子さんが民主党公認を受けて立候補されることが、今まで県議が一人もいなかった民主党和歌山県連にとって、非常に重要な1歩であること。また、私が目指す2大政党による政権交代可能な政治の実現に向けて、地方からその風を起こしていきたいことをお伝えさせていただきました。続いて連合の森本会長、解放同盟の中沢委員長、大江参議院議員、そして、大橋市長、民主クラブの藤内市議と壇上に立たれ、まり子さんへの支援を訴えておられました。
 
  会場には、自民系の議員さんなども駆けつけてくださっており、党派を超えた人と人とのつながりは、まり子さんのお人柄を本当によく表しています。最後に壇上に立った藤本まり子さんは、「私が取り組んできた人権問題・教育・男女共同参画を、県議会というフィールドで更に推し進めたい」。「私のライフワークである教育に関する課題に本当に取り組むためには、県議として仕事をしなければならない。」などと、県議補欠選挙に出馬する不退転の決意を述べ、支援のお願いをされていました。
 
  私も民主党和歌山県連代表として、藤本まり子さんを全力で応援していくことを改めて強く決意しました。最後になりましたが、藤本まり子と新たな1歩を歩み始めた民主党に温かいご支援をお願い致します。

和歌山県議補欠選挙


 今日は午前11時から、県庁内の県政記者クラブで和歌山県議補欠選挙の民主党公認候補発表の記者会見をしました。現在、和歌山市議会議員のふじ本まり子さんが立候補する、決意表明の記者会見です。
 記者さんからは主に二つの質問が出ました。
 まず、「なぜ、市会議員から県会議員を目指すのか?」。ふじ本さんからは、「自分が小学校の先生であった経験から教育問題がライフワークです。やればやるほど、制度や人事が県庁マタ−であることに気がつきました。それが県会を目指す理由です。」との答えがありました。
 2番目の質問は「市議会議員の選挙では民主党推薦なのに、今回なぜ民主党公認なのか?」。ふじ本さんからは、「市会の課題は個人の力でも何とかなったが、県政規模なら、個人では限界があると考えました。民主党に助けてもらいながら他の会派の議員の皆さんとも協力しながら和歌山の政治を変えていきたいから。」との発言でした。私からは、「2大政党による政権交代可能な政治をつくるため、ふじ本さんと政策をすり合わせて公認しました。」とお答えしたところです。

「21世紀の制度改革を考える会」


 昨日も、東京でした。午前中は前衆議院議員の嶋聡ソフトバンク社長室長と面談。その後、再び議員会館を走り回りました。お昼は伊藤忠商事(株)のチーフエコノミストの中島精也さんとご一緒しました。アメリカの経済・金融状況について、最近の情報を教えていただきました。
 午後は、昨年の選挙でお世話になった自動車総連の加藤祐治会長にご挨拶に伺いました。次の選挙でも、自動車総連の全面的なバックアップをいただけるとの温かいお励ましを下さいました。その後は経済界の知人の会社を何軒か挨拶まわり。
 夕方はウシオ電機(株)の牛尾治朗会長とスタンフォード大学の青木昌彦名誉教授が共同座長の勉強会「21世紀の制度改革を考える会」に出席。この会も官僚時代から参加していました。北川正泰早稲田大学教授(前三重県知事)など錚々たるメンバーの異業種勉強会です。民主党の前代表前原誠司さんや自民党の伊藤達也前金融担当大臣もメンバーです。
 勉強会の後は、前原さんと松下政経塾出身の杉並区長山田宏さんと一緒に飲みに行きました。山田さんとは不思議なご縁で二人が20歳台からの古い友人です。そして、山田さんの行きつけのお店で、山田さんの京大同級生の俳優辰巳琢郎さんとも合流しました。辰巳さんとはENJIN01文化戦略会議の創立メンバーとして数年来のお付き合いなので、「世間はせまい!」と大騒ぎしながら、ひたすら皆でジョークとまじめな会話の入り混じる密度の濃い時間を過ごしました。

「21世紀の日本を考える」研究会


 今日は、久しぶりに上京しました。朝8時30分に和歌山駅東口からリムジンバスに乗って、関西空港へ。9時55分発のANA144便で羽田へ。バスから、支援者のお一人で高校の先輩のSさんとご一緒でした。飛行機は出発が遅れたものの、20分遅れで無事到着。
 昼は、財務省55年入省の同期会があって、久しぶりに同期の仲間と顔を合わせました。衆議院議員の寺田稔君も参加してくれて9人が中華料理のテーブルを囲みました。彼らと顔を合わせるのは、約1年ぶりです。われわれの同期会は毎月1回、お昼に定期的に行ってきました。昨年の立候補以来出席できなかったのですが、今回日程が合って、懐かしい仲間と再会ができました。「何だ、ぜんぜん変わってないじゃないか。」開口一番そう言う口調に落選した同期への優しいいたわりの気持ちを感じました。同期の仲間はありがたいものです。
 午後は、7月の県議補選の打ち合わせに、議員会館を走り回りました。民主党和歌山県連が初めて、公認の県議候補を出すものですから、代表の私としては責任重大です。今、和歌山市議の藤本まり子さんが、出馬予定なので、女性議員に応援を頼んで回りました。役人時代、毎日のように根回しに歩いた議員会館を落選中の候補者としてウロウロするのは、少し違和感がありましたが、そんなことも言ってられません。国会閉会中でしたが、けっこう大勢の議員さんにお目にかかれました。
 午後6時からは役人時代から参加している「21世紀の日本を考える研究会」に出席しました。座長が学習院大の南部鶴彦教授。今日の講演者はメンバーの團紀彦さん。建築家の團さんは、「建築と環境―第三の地形論」と題して、スライドを使ったおもしろいプレゼンテーションをしてくれました。近代建築では、平らな土地の上にフィギアとしての建物を設計してきたが、現在では、土地の形状に合わせた建物設計が主流になっていること。むしろ、自然をできる限り残して、しかも建物もランドスケープ(風景)にしてしまうのが團さんの目指す方向だそうです。土地や低層建造物をグラウンド、建造物をフィギアと呼ぶそうですが、ヨーロッパでは、フィギアは広場だったり、アトリウムであり、建物はグラウンド。日本では、都市計画の規制が甘いので、それが逆転している。だから町並みが汚いんだと團さんは指摘されてました。町並みや景観を守るためには、建築家と市民が一緒になって、グラウンドマスターのような役割をつくって、規制していかなければならないという結論になりました。

LINKS和歌山研究会第4回開催


 今日は、私がコ−ディネーター役を務めている「LINKS和歌山」という名前の勉強会の第4回目の会合が開かれました。場所は和歌山市内の「ビッグ愛」でした。10年来の友人のビズネット(株)社長の中嶋正光さんが講師で来和してくださり、楽しいお話しの中にもビジネスのヒントになる内容の濃い勉強会になりました。
 中嶋さんは、昭和20年に兵庫県でお生まれになって、甲南大学をご卒業。学生時代からラグビーの選手でした。(株)内田洋行でご活躍の後、プラス(株)で、ビズネットの事業を立ち上げられました。文房具のカタログ販売で有名なアスクル(株)は兄弟会社です。ビズネットは文房具のカタログ販売がアスクルをはじめFAX中心の時代に、すでにWEBによる独自のコンピュータシステムを構築し、購買業務全体のアウトソーシングを武器に成長してきました。2005年の8月にジャスダック市場に上場を果たされています。
 中嶋さんのお話は、ITの技術的な難しいものではなく、ハイテクとローテクを融合させた素晴らしいビジネスモデルを中心とするものでした。たとえば、台風や地震が発生したら、お得意先に被害に合った商品がないかファックスで聞くそうです。ファックスが届かない場合は、大変な被害が想定されるので、すぐに社員にお見舞いの品や水、食料品などを持たせて派遣。ファックスで返事が来たら、被害に合った商品と同じものを持って、社員が翌朝一番に現地に入るんだそうです。これには聴衆の皆さんも私も感心しました。
 中嶋さんが一番大切にしていることは「社長自らお客様のクレームを耳にすること。そして、できればその日のうちに、遅くとも翌朝一番で処理をすること。」だそうです。そのために、ワンフロアの本社オフィスの役員室には壁がなく、植木が数個置かれた真ん中に丸いテーブルがあって、3人の役員はフリーアドレスで座っているとのこと。私は実際、会社を訪問させていただいていたので、その自由な雰囲気はよくわかりました。
 約1時間のご講演の後、私と二人で座って、私や会場からの質問にお答え頂き、あっという間の2時間でした。会場には甲南大学時代の同級生という方や、同窓生の方も大勢来ておられ、終了後和気藹々の名刺交換会も自然発生しました。学生時代の中嶋さんが同級生の方の実家に住所を移して、和歌山県の自動車免許を飛び入り受験で獲得したお話も出て、ほんとうに温かい会合になりました。
 中嶋さん、ご参加くださった皆さん、ほんとうに有難うございました。