県議補選のミニ集会


 今日の午前中は県議補選の候補予定者の藤本まり子さんの選挙事務所に詰めました。有難いことに、「千客万来」で、大勢の人が入れ替わり立ち代り来てくれました。選挙事務所はいつでも賑わっていなければいけません。「熱さ」が命なんです。その点、藤本まり子事務所は最高です。

 午後は、自分の事務所で溜まっている事務仕事を片付けました。4時からは高校野球の県予選の応援に行ってきました。紀三井寺野球場で、政党掲示板設置第1号の支援者山本さんにばったりお会いしました。犬も歩けば棒に当たるですね。

 時折、強い雨の降る中、現役の高校生諸君の懸命の応援もむなしく、残念ながら、星林高校に6対4で負けました。

 午後7時半から、和歌山市の中でも、比較的田園地帯の吉礼という地区で藤本さんのミニ集会がありました。民主党和歌山県連の代表として、前座の応援弁士をしてきました。ミニ集会は1時間くらいがちょうど良い時間です。夜なんかあんまり遅くなれませんし、来てくださる方は、皆さん一仕事して来ててますから。

 前座というのは難しくて、候補者を紹介しながら、できるだけ短く、しかし、参加してくださった皆さんに、一つくらいはインパクト(できれば名前と顔くらいは、、、。)を与える必要があります。何とか5分で終わり、藤本さんにバトンタッチしました。

 藤本さんは、小学校の先生を約20年なさった経験から、教育問題を中心に分かりやすく、親しみを込めて本音でお話しをされました。二人合わせて、30分です。さて、残りの30分質問コーナーとなります。

 生徒の個性に合わせた教育が大切ではないかというおじさんの質問に、藤本さんはていねいに答えていました。吉礼の住宅団地の中の集会所が会場だったので、住民の高齢化が話題になりました。一人住まいの老人が、知識がないので、医療の分野などで本来受けることのできる助成や免除が受けられないという実態が紹介されました。

 介護保険制度の改悪や、障害者自立支援法の改悪について、実例の報告もありました。藤本さんも私も初めて聞く話しが多く、勉強不足を恥じました。ミニ集会はこちらからの主張を聞いていただくことも大切ですが、逆に現場の話しを聞いて勉強することの方が意味があると思います。

 どうか、皆さん、「私をミニ集会に連れって!!」。ちょっと古かったですかね。

岡の宮神社 夏祭り


 仕事が終わって、午後8時頃、近所の岡の宮さんの夏祭りに行ってきました。私は岡の宮さんの氏子だったので、子供の頃から、夏祭りには行っていました。社会人になった後、帰省したときにも、子供を連れて必ずお参りしていたお宮さんです。

 屋台もたくさん出ていました。少子化と言われるものの、子供さんたちも大勢はしゃいでいました。宮司さんにもお目にかかることができて、ご挨拶しました。なつかしい空間でした。

 宮司さんのお話しでは、昔は屋台も今の倍以上出ていたそうです。確かに、そう言われれば、子供の時には一大イベントだった記憶があります。数は少なくなりましたが、子供たちはみんな楽しそうでした。浴衣を着せてもらった女の子は、どことなく誇らしげです。40年前と変わりません。

 神社では、お賽銭を差し上げて、「どうか、私のこれまでの人生で、諸先輩に育てていただいた力を和歌山のために使うチャンスをください!」と手を合わせました。

 

トンガの鼻自然クラブ


 今日は第3日曜日です。トンガの鼻自然クラブが作業をする日です。トンガの鼻は和歌山市内の雑賀崎北端に位置する岬の名前です。ここには、紀州徳川家の海防の拠点である見張り台や砲台を置いていたカゴバ台場の跡があって、歴史的な遺産なんですが、これまで、通路もなく埋もれていました。

 トンガの鼻自然クラブはこの遺跡を復活させるために、市民の運動として、自発的に活動が始まったものです。道を作ることから始めたそうで、最初はほんとうにたいへんだったと聞きました。

 私も、昨年の10月からメンバーにさせてもらい。毎月1回の作業に参加してきました。冬場は新しい道を作る土木作業が中心でしたが、5月頃からは、草が生い茂って、道や遺跡跡をおおってしまうので、草むしりが主な作業です。午前9時から11時までが作業で、11時からは簡単なミーティングです。つまり、作業の後で、お菓子やジュースをいただきながら、ワイワイと雑談するんです。いつも、会員の老若男女が20人以上集まります。

 今日は、灼熱の太陽に照らされて、たいへんな消耗を強いられました。汗が吹き出して、10時頃には、ボーッとしてきました。熱中症にならないように、水分を取りながらの作業です。

 そろそろ休憩しようかという気になった頃、運悪く蜂にさされてしまいました。大きさや色から、キイロスズメバチだったと思います。軍手をはめた右手の人差し指に突然、刃物で刺したような激痛が走りました。目の前に蜂がいたので、うずくまって静止していました。ちょっと怖かったですね。

 自然クラブの仲間が、集まってくれて、アロエを探しに行ったり、救急箱を出して消毒してくれたり、一時は大騒ぎになりました。「救急車呼ぶか!」と叫んだ人もいました。早速、アロエを張って、包帯を巻いて、休憩しました。

 ショックが起きたり、腫れたりするかなと心配しましたが、アロエの威力ですね、ブログを書いている今、異常はありません。手当てをしてもらった後、仲間のすすめで、作業は止めて安静にしたおかげだと思います。

 将棋の米長邦雄永世棋聖の近著に「不運のすすめ」という新書があります。米長さんはその本の中で「避けようの無い不運にも光は射す。」、「不運の時こそ勝機をつかむチャンス」と書いています。確かに、キイロスズメバチに刺されて痛い思いをしたのは、日ごろの行いが悪いか、運が悪かったのでしょう。しかし、そのおかげで、大勢の仲間が私の身体を心配してくれて、優しくしてくれました。ほんとうにうれしい瞬間でした。人の情けを感じることができました。後半休んだおかげで、熱中症にならなくてすんだのかもしれません。

 でも、、、、、。9月の作業日には、キイロスズメバチ君には会わないようにしよーうっと。(さすがに、真夏の8月は作業はありません!?)

第23回 舞夢楽人(マイムラクト)リサイタル


 今日の夜は、いつもコメント欄で参加してくれている同級生の尾崎元昭さんが主催するピアノソロリサイタルに行ってきました。尾崎さんの自作の作品を彼の友人のマーテン・サドローンさんが演奏するのです。

 20世紀現代音楽のコードで作曲する尾崎さんの曲は、決して難解ではなく、素晴らしいハーモニーが楽しめます。50人くらいの聴衆が、手作りのコンサートを楽しみました。場所は南海紀ノ川駅近く、和歌山市の河北コミュニティーセンターです。

 特別出演で、「トーンチャイム」という金属製の棒状のチャイムを8人のグループで演奏する「ちゃいむ」が登場。温かい音色で、各人が特定の音階を受け持ち、まさにチームワークで音楽を作っていくという感動的な演奏でした。

 23回、10年間も、市民の手作りコンサートを続けてきた、関係者の努力に頭が下がるとともに、それを支えてきた和歌山市民の懐の深さに感銘を覚えました。

 次回のコンサートは12月3日(日)午後2時半から、場所は同じく和歌山市の河北コミュニティーセンターです。サロン的な音楽会を楽しみたい方におすすめです。ぜひ、一度のぞいてみてください。

JR西日本労組 和歌山地方本部 退職者協議会


 今日は、JR西日本労組和歌山地方本部の退職者協議会の幹事会にお呼びいただき、講演させていただきました。この会は、生涯組合員構想の確立を目指して、文字通りJR西日本を退職された方々で組織されています。

 午後1時からの講演には、30名程度の皆さんがお集まりくださり、「今後の税制と私たちの生活」という演題でお話させていただきました。年金の財源の一部に消費税をあてるべきであるという持論を説明しました。

 1975年には約7.7人の働き手が1人のお年寄りを支えていましたが、それが2000年には3.6人で1人になり、2025年には1.9人で1人のお年寄りを支えるという人口構造になるという人口の推移や将来推計のデータがあります。そのため、今の若者やこれから生まれてくる子供たちには、大変な負担を強いることになってしまうことをお伝えしました。

 約40分という短い時間ではありましたが、ご参加いただいた皆さんは、質疑応答も含めて、たいへん熱心にお付き合いくださいました。

 なお、講演の冒頭で、和歌山県議会補欠選挙の民主党公認候補の藤本まり子さんを紹介し、本人のご挨拶を聞いてもらいました。熱い声援をいただき、本人も勇気付けられていました。

寺島実郎三井物産総合戦略研究所長


 昨日は、21日から始まる和歌山県会議員補欠選挙のために、応援に来てくださる国会議員の先生方にご挨拶するため、議員会館を駆け回りました。衆議院から元代表の岡田克也さん、前政調会長の仙谷由人さん。参議院からは、円より子さん、那谷屋正義さん、水岡俊一さん、福山哲郎さんが和歌山に入ってくれます。

 夕方の6時からは、三井物産の寺島実郎さんが主催するGIN総研の講演会があり、1年ぶりに出席してきました。寺島さんとは、1995年に米国のプリンストン大学に派遣された時、当時三井物産ワシントン事務所長だった寺島さんにご挨拶に伺って以来の仲です。

 寺島さんは、当時既に、名著「ふたつの「FORTUNE」−1936年の日米関係に学ぶ」をはじめ何冊かの著作を発表されており、硬派の論客としての確固とした地位を築いておられました。いささか、緊張してお目にかかった記憶があります。実際は、気さくで優しい方で、ホッとしました。

 寺島さんは若い者を育てるのが好きで、周囲には彼の人柄を慕う若者が集まってワイワイやっていました。私もその仲間に入れていただいて、ワシントンに行くたびに、ランチや朝食などをご馳走になりながら、米国経済、安全保障、あるいは画家のフェルメールまで多くのことを教えてもらいました。

 帰国後も、当時ワシントンでお世話になった仲間を集めて、「ワシントン会」という勉強会を主催していただき、論談風発の楽しい会合が続いています。

 昨日のご講演では、イラク戦争、パレスチナの混迷、イラン核問題や北朝鮮の恫喝外交など世界秩序の液状化について解説がありました。また、エネルギー価格の高騰や現代資本主義の荒廃に関してのご持論を展開されました。久しぶりに知的刺激を受けて、「寺島節」に酔いました。

 この会には、寺島門下生の優等生である斉藤健前埼玉県副知事も来て、30分間講演しました。彼は、千葉7区から自民党の候補者として出馬して、私同様落選中の身の上です。寺島門下でとても仲の良い友人です。寺島さんからは会場で私の紹介もしていただき、「斉藤、岸本と政党は違うが、将来性の高い政治家だから、応援してやってほしい。」旨の温かいお言葉をいただきました。

 後のパーティーで斉藤さんともゆっくり話をし、エールの交換ができました。「斉藤さんは政策的には民主党じゃないの!?」と冷やかしておきました。

夏の高校野球 和歌山県予選


 今日から、夏の高校野球大会の和歌山県予選が始まりました。私の母校桐蔭高校と紀北工業高校の試合を観戦してきました。炎天下で気温はおそらく34度くらいではなかったでしょうか。

 結果は6対3で、桐蔭が初戦を勝ち抜きました。次は17日の星林高校との試合です。試合が終わって、河野監督のところにご挨拶に行き、「次の試合も頼みますよ。」と申し上げたら、「夏の予選は一つ勝つんが、たいへんなんや。」とおっしゃてました。しかし、顔つきは自信たっぷりなようにお見受けしました。

 私が高校生だった頃は、義務ではありませんでしたが、ほぼ全員応援に行った記憶があります。今日は、まだ学期中で授業中だったのでしょうか、応援団とチアガールにブラスバンド。そして、選手の保護者の方やOBが中心でした。

 びっくりしました。応援のスタンドがまるで女子高のような感じなのです。チアガールやマネージャー軍団が女子なのは分かります。「花の応援団」がほとんど女子なんです。校旗はさすがに男子学生が持っていましたが、中心メンバーは女子。30年前は夏の大会でも、応援団員は黒の詰襟服を着て、汗まみれになっていましたのに、今は赤いティーシャツですっかり様変わりです。ブラスバンドも2,3人男子がいますが、ほとんどが女子でした。

 今では、生徒会長も常に女子生徒がやっており、男子は立候補する元気がないという話も良く聞きます。昔は、女子生徒の数そのものが極端に少ない学校でしたから、女子高のような応援風景を見て、ショックを受けるとともに、女性パワーが日本の古い社会を変えている現実を身に沁みて感じることができました。

来訪者に感激!


 今日、私の事務所に土地家屋調査士の田村誠さんが来られました。市議会議員の片桐先生のご紹介です。片桐先生とは関西電力の入社同期だそうです。田村さんは、26年間働いてきた関西電力を10月末で退職されることになり、現在休職中で、独立を目指して準備に追われる毎日だそうです。


 関西電力の社員というエリートの立場を打ち捨て、自身の夢に向かってチャレンジする姿に感激するとともに、私自身にも勇気をいただきました。土地家屋調査士の国家試験を通るのに5年間かかったそうです。


 「資格を持ったまま、定年退職後に土地家屋調査士の仕事を始める手もあったが、まだ若い今のうちに独立したい。」と決断したんだと笑っておられました。しかし、友人やご家族が猛反対する中での出発で、周囲の説得はたいへんだったそうです。


 田村さんは11月から、紀ノ川市貴志川町の前田354−1で「田村土地家屋調査士事務所」を立ち上げられます。リスクを取って頑張る田村さんにエールを送りたいと思います。


 田村さんは、大きなリスクを取るわけですが、「不安だが、不幸ではない!」と自分自身に言い聞かせているとのこと。私自身、昨年の夏の総選挙で、安定した大企業のサラリーマン生活を捨てて、リスクを取った人間なので、「不安と不幸は違うんだ!」という田村さんの言葉にしびれました。

初めての政党掲示板!


 今日は私の満50歳の誕生日でした。気持ちの上では、もう少し若いつもりですが、こればかりはどうしようもありません。夜は、既に50歳になった者とまだ49歳の同級生たちとお祝いの会をします。その中に、最近結石の手術をして退院した同級生もいて、快気祝いも兼ねています。

 今日、おめでたいことがもう一つありました。

 これまで、和歌山市内では、民主党の政党掲示板はゼロでした。掲示板を注文して、出来上がったのが先月です。しかし、民主党の政党掲示板を張らせてもらえるお家や企業を探さなくてはなりません。組織がなく、後援会もまだ立ち上がっていない岸本陣営ではこれはたいへん難しいことです。

 しかし、熱烈な支援者の方々のおかげで、これまでに数枚掲示板を設置できました。そして、今日、民主党本部から、小沢代表のポスターが届きました。初めて、政党掲示板に小沢代表のポスターを張ることができました。感激の一瞬です。

 プロの政治家さんから見たら、幼稚園児のように思えるかもしれませんが、このような目に見える着実な成果が、支援者の皆さんのおかげで、一つずつ積み上がることは本当に有難いことです。

和歌山日米協会設立総会

 昨日、午後4時から開催された和歌山日米協会設立総会(東急イン)に出席しました。日本では31番目の日米協会として、発足しました。会長はノーリツ鋼機の佐谷勉社長で、和歌山の経済三団体をはじめ、和歌山大学、和歌山県立医科大学、高野山大学もバックアップをするというアカデミックな協会です。
 
 私は、アメリカに3年住んで、プリンストン大学で教鞭を取っていた経験を見込まれて、創立メンバーとして会員にならせていただきました。在米の時には、ニューヨークのジャパン・ソサエティー(日本協会)にお世話になり、講演をさせてもらったり、帰国後もキャラバン・プロジェクトに参加し、テキサス州などアメリカの地方都市の日米協会を訪問して、交流をしてきました。

 ニューヨークのジャパン・ソサエティーが東京に事務所を設けており、川島瑠璃さんという私がニューヨークでお世話になった方が、代表です。何とか、ジャパン・ソサエティーと共同のプロジェクトを立ち上げるお手伝いをしたいと思います。

 設立総会に続いて、同志社大学の村田晃嗣教授による日米同盟の歴史に関するご講演がありました。私がプリンストン大学にいる頃、村田先生はワシントンにおられ、朝日新聞の船橋洋一さん(当時ワシントンのアメリカ総局長)主催の勉強会で毎月顔を合わせていました。講演の後のレセプションで、久しぶりの再会をし、旧交を温めることができました。村田先生は今やテレビでも引っ張りだこの人気者で、会場では女性陣に囲まれて写真大会になりました。その間隙をぬって、昔話に花を咲かせました。