日米韓国会議員会議@ワシントンD.C.

(日米韓国会議員会議の模様。)

 連休前半、例年通り、ワシントンでの日米韓国会議員会議に参加してきました。

 超党派での会議で、顔なじみが多い会議ですので、本音で議論のできる良い機会です。

 今年は、直前に安倍総理の米国両院合同会議でのスピーチもあって、盛り上がりました。

 際立ったのは、中国をめぐる韓国の立ち位置の難しさです。

 安全保障面では、北朝鮮の核に対して、日米韓のトライアングルの緊密な連携が重要。

 韓国側も、同じ認識です。そのためにも、日韓の歴史問題などを早く解決し有効な関係を再建しなければなりません。これも同意。しかし、、、。

 一方で、経済面では、中韓の関係は深化しており、韓国にとって中国は最大の貿易国。

 ですから、アジアインフラ投資銀行の出資も、政治的に熟慮の上参加せざるを得ないし、政財界、国民も含めて反対論はなかったそうです。

 冷戦時代の鉄壁の南のトライアングル(日米韓)は今は見たくてもあり得ません。

 もちろん、当時の北のトライアングル(中ソ北朝鮮)もありません(当時から中ソは微妙でしたが)。

 韓国は、国内スキャンダルでパク大統領の支持率も再度急降下。不安定な情況。

 アジアインフラ投資銀行に関しては、私をはじめ日本側は、参加には消極的な意見を表明。

 ちなみに、米国側の発言としては、米国の国会ではアジアインフラ投資銀行の話題はゼロ。知らない議員の方が多いと聞いて、がっかり。

 なお、安倍総理のスピーチに関して、韓国側からは、「韓国の従軍慰安婦に対する謝罪や、植民地支配へのお詫びが無く評価できない。」との発言が出ました。

 日本側としては、発言には理解を示しながらも、「米議会での演説は、あくまでも米国議員、米国民が対象であること」を説明。

 本当に難しい問題です。

 小渕ー金大中パートナーシップ宣言が出せるような時代もあったのですから、国会議員同士、腹を割って議論し続けることには意味があると思っています。

TOKO TOWA

(wakayama chocolat toko towaのチョコレート。)

 私もお手伝いをしているNPO法人ジョイ・コムは障がい者雇用を進めています。

 4月26日(月曜日)、和歌山市内に、ショコラテイエ「wakayama chocolat toko towa」をオープンしました。

 設計は建築家の広谷純弘さん。

 素敵なカフェ&チョコレート屋さんです。

 岡田亜紀理事長はじめ、理事、監事全員でテープカット。

(テープカットの模様。)

全国夢のチョコレートプロジェクトに参加しています。

 そのご縁で、カリスマ・ショコラティエの野口和男さんに師事し、本格的なチョコレートを目指しています。

 店内では障がい者5人でチョコレートを作っています。

 障がいのある人が作っているから、ひょっとして同情などから売れるのではなく、ほんまに美味しいから売れるお店を目指します。

 和歌山から全国、全世界に発信する夢を実現します。

 住所は、〒641-0054 和歌山県和歌山市塩屋4-6-57。 電話番号は、073-446-2311。

 営業時間は午前10時から午後5時までで、定休日は水曜日と日曜日となっています。ごひいきに!

アンテイークカー@のかみふれあい公園

 アンテイークカーの愛好家たちが集まる「サティヤ・バザール」が和歌山市から車で1時間弱で行ける紀美野町の「のかみふれあい公園」で開催。

 若い友人が主催者だったので、顔を出してきました。

 素晴らしい天候に恵まれ、また、この公園、初めて行きましたが、素敵なロケーション。

 大勢の市民が集まってきました。

(赤いスポーツカー)

 子供連れの若い世代が多く、ピクニックがてら集まってくれました。

 地方の生活は、ほんとうに豊かですよね。

 こんなに素晴らしい自然の中で一日遊べます。しかも、家の近くで、渋滞もなけれ満員電車も関係ありません。

(のかみふれあい公園)

 友人がやっているインドカレーがお昼ごはん。

 本格的なナンを焼いてましたよ。

 野菜とひき肉のキーマカレー。美味しかったですね!!

 

 

音楽三昧

(杉谷昭子さん)

 この週末は、市議会選挙の応援、投開票日のバタバタ仕事の合間に音楽イベントに顔を出しました。

 土曜日は、国会日程を終え、高校の先輩でもある国際的ピアニスト杉谷昭子さんの後援会総会に出席。

 お元気な杉谷さんにお目にかかりパワーをいただきました。

 その後のコンサートはバッハのマタイ受難曲、ベートーヴェンのピアノソナタ第23番までをお聴きして、早退。選挙の応援演説会場に。

 しばらくでも、娑婆の空気から離れ、気分は壮快。演説にも力が入りました(苦笑)。
 
(和歌山児童合唱団演奏会の模様。)

 日曜日は、第57回の和歌山児童合唱団定期演奏会に。57年続いているということです。

 海外での活動でも有名で、各種の国際コンクールで入賞している伝統ある合唱団です。

 大勢の市民が集まってくれました。

 今年は名田綾子さん編曲の「日本の四季めぐり」など、懐かしいメドレーで会場を魅了しました。

(和歌の浦ステユーデントジャズフェスティバルの模様)

 和歌山市内の片男波野外ステージで第10回の和歌の浦ステユーデントジャズフェスティバル。私は1回目から実行委員会の顧問をしています。

 中学校や高校のブラスバンド部の学生さんたちがビッグバンドの演奏をします。

 女子が圧倒的に多いのが今風ですが、女子中学生たちがシング・シング・シングやA列車で行こうなどを演奏するのは圧巻。

 最高の天候の中で、盛り上がりました。

(開会のあいさつをする岸本周平)

農林水産委員会 質問に立ちます!

4月22日(水)午前9時30分ー午前10時10分 の40分間

《農林水産関係の基本施策》に関して、質問に立ちます。

下記の衆議院インターネット中継TVで、質疑の様子がご覧頂けます。
http://www.shugiintv.go.jp/jp

春の園遊会

(赤坂御苑で行われた春の園遊会。)

 今朝は、午前6時半からの和歌山市倫理法人会の経営者モーニングセミナーに参加。

 講師は、信濃路の西平都紀子社長。「自分の生きざま」をテーマに、半生を語っていただきました。

 和歌山を代表する経営者のお一人だけに、感動的なお話し。半端じゃないです。

 その後、議長交代のための衆議院本会議と園遊会出席のため、急いで上京。

(西平都紀子社長のご講演。)

 春の園遊会は与党時代は毎回出席していましたが、野党になってからは初めて。

 広大なガーデンパーテイーです。

 曇っていましたが、昨日のような大雨ではありません。少し、蒸し暑かったようです。

 名物の焼き鳥は「宮内庁ご用達」だけのことはあって、とても美味しいです。

(焼き鳥コーナー)

 雅楽を聴きながら、御苑内をしばし散策。

 都内にこんな鬱蒼とした森に囲まれた緑地があるのが不思議な感じです。

(雅楽の演奏)

 天皇皇后両陛下は、パラオからお帰りになられたばかりにもかかわらず、終始、笑みをたたえておられ、お互いに支えあって歩まれるお姿は、国父、国母のイメージです。

 私たち国会議員は、入り口付近でお出迎えをしますので、テレビで放映される著名人の場所から遠く離れていますが、かえって、心静かに両陛下に対面できます。

 帰りに、お土産をいただきました。

 銘菓「菊焼残月」。

四季の郷クラフトフェアinたけのこ祭2015

(四季の郷クラフトフェアinたけのこ祭主催者山東まちづくり会の皆さんと記念撮影。)

 今日は、四季の郷クラフトフェアinたけのこ祭2015に参加。

 今年で5年目のイベントは地元の山東まちづくり会の皆さんが手作りで続けてこられました。

 口コミ効果もあって、毎年、来場者やクラフトフェアの出展者も増えているように思います。野外ステージでは音楽ライブもやってます。

 桜の季節は終わりましたが、四季の郷公園のイベント会場の周りは藤棚で囲まれています。

(藤の花が満開。)

 クラフトのお店以外にも、食べ物の出店がたくさん。

 普段、市内で営業しているお店もあれば、地元の有志の皆さんで手作りの味を出しているお店も。

 まずは、たけのこ入りの「猪肉バーガー400円」はお買い得。美味しいですよ。

(猪肉バーガー。)

 何より、山東はたけのこの産地です。

 朝取れ立てのたけのこが廉価で販売されています。

 地元の主婦の皆さんお手製の「たけのこご飯350円」は、素晴らしいお味です。

 毎年、楽しみにしています。今年もいただきました!

(たけのこご飯)

 明日も、午前10時から午後4時まで開催しています。

 ぜひ、一度足を運んでみてください。

戦いすんで日が暮れて

(民主党公認浦口こうてん候補の勝利宣言。)

 和歌山県議選挙が終わり、応援した4人の候補者全員の当選ができました。

 民主党公認浦口こうてん候補(6756票)、同推薦長坂たかし候補(8166票)、無所属の支援議員片桐あきひろ候補(7839票)、藤本まり子候補(6774票)おめでとうございます。

 応援してくださった皆さんには感謝の気持ちでいっぱいです。

(民主党推薦長坂たかし候補の勝利あいさつ。)

 私の応援した候補全員の当選はできましたが、民主党の公認候補を増やすことはできませんでしたし、和歌山県議会では、42名の定員の内、民主党の議席は1のままです。

 党勢の拡大にほど遠い結果には大いに反省しています。

 全国的にも、民主党の公認・推薦議員の当選は何とか、首の皮一枚で踏みとどまった状況ですが、とても勝利とは言えません。

 候補者数が4年前に比べて激減したことを加味すれば、前の参議院選、衆議院選の惨敗のままの状態が続いているというべきでしょう。

 だからと言って、ただちに今の執行部批判をしてもはじまりません。

 一人一人の党員が、今一度、自分の責任を果たしたのか、反省しながら前に進むべきです。

 責任転嫁をして、足踏みをしているような環境ではありません。

 次の地方選挙後半戦に備えて、奮起しましょう!

県議選終了、、されど、日常活動は続く

(高積神社の春の大祭。)

 県議選が終わり、投票日を迎えましたが、日々の活動は淡々と続いていきます。

 市内の山東地区の敬老会「橘会」主催のゲートボール大会に出席。

 敬老会には、なかなか、新入会員が増えないという悩みがあるそうです。

 確かに65歳や、70歳でも、老人と言われたくないほど、元気な方が多いですものね。敬老会青年女性部をつくるしか方法がなさそうです。

(「橘会」主催のゲートボール大会にてあいさつする岸本周平。)

 社会福祉法人一麦会「麦の里」と西和佐地区主催のさくら祭りは、雨で会場変更。屋外から、小学校の体育館になりました。

 障がい者の施設と地域のコラボレーション日本一のモデルケース。映画「ふるさとをください」で有名です。

(西和佐地区さくら祭りであいさつする岸本周平。)

 イベントの合間に、雑賀崎のお魚料理教室へも顔出し。

 今日のテーマは和歌浦湾の名産「足赤えび」。

 料理が出来上がってから、おっとりがたなで駆けつけて、美味しくいただきました。ごちそうさま。

(雑賀崎お魚料理教室の作品。)

 ブロぐ冒頭の写真は、高積神社の春の大祭。

 秋の大祭は、高積山のふもとの神社で行われますが、春の大祭は高積山山頂の神社で。

 山頂まで登るのが一苦労ですが、山の頂でのお祭りは心の洗われるすがすがしいものになります。

和歌山県議選、最後のお願い。

(藤本まり子候補の応援演説をする岸本周平。)

 県議選最終盤、個人演説会の応援に走り回りました。

 4期目の挑戦をする女性候補藤本まり子さん。

 現在は無所属ですが、同志として、長年、歩んできました。

 児童養護施設の問題、そして、その原因でもある児童虐待問題など、一緒に取り組んできました。

 安倍内閣の女性の活躍は、上から目線ですが、和歌山市議会から、着々と経験を積んできた藤本候補はほんまもんです!

(片桐あきひろ候補の応援演説をする岸本周平。)

 選挙戦最終日の最後の応援演説は、片桐あきひろ候補の個人演説会でした。

 片桐候補は関西電力の労働組合出身で、市議会からたたき上げてきた優秀な若手議員。3期目の挑戦です。

 地元の日進中学校体育館に大勢の支援者を集めての最後のお願い。 

 支援者の皆さんの今度こそ、上位での当選を!という熱意が伝わってきて、思わず力が入りました。

 民主党公認の浦口こうてん候補、同じく推薦の長坂たかし候補の各陣営も、最後のお願い。

 以上、4人の候補は昨年の私の選挙の際には、必死で応援してくれた同志です。心から全員の当選を祈ります。