衆議院議員 岸本周平 official website

Blog活動ブログ

2017年10月21日

最終の街頭演説

雨の中、和歌山駅前に集まってくださった皆さん、ありがとうございます。

岸本周平の政策は1ミリも変わっていません。
弱者を守る。守り切る。年金を守る。必ず守る。

安倍政権。どんなにおかしいと思っても、
与党には三分の二を超える議席数があるのです。
軽々と、どんなひどい政策でも通っていく。
それを歯を食いしばって見てきました。

安保法案、共謀罪、森友や加計学園、
安倍政権のそんなむちゃな、ごり押しを止めるには、
過半数を超える議員の数が必要なんです。
それが現実なのです。

私が希望の党に行くことに決めた理由は、それだけです。
議員の数が民進よりも圧倒的に増えれば、安倍政権を止めることができる。
そう思いました。

しかし、その後の希望の党のことは皆さんの知るとおりです。
ただ、これだけは言わせてください。

1、岸本周平の政策は1ミリも変わっていません。
2、そして、まだ野党再編は終わっていません。これからです。

これからいろんなことが起きます。
見ててください。ドラマはこれからです。

私個人がただ、当選したければ、無所属で出ました。
でも、無所属では国会で十分な質問時間がないのです。
私の議席は岸本周平個人の議席ではありません。
和歌山1区の、まじめにこつこつ生きている市民の皆さんの議席です。
一番有効に使わなければ。
皆さんの年金を守りたい。金持ち優遇、お友達優遇ではなく、
格差の少ない社会にしたい。

景気回復の実感のない中で、10パーセントの消費税。
自民の政策が通れば、消費が冷え込んでしまいます。
地方が和歌山がもっと弱ってしまいます。

スーパーの前で、街角で、私は、皆さんの声を聴かせていただいてきました。

皆さんの不安や心配の声を国会に届けるのが、私の仕事だと信じて、12年間、ずっと道端に立ち続けているんです。

年金生活のおばあちゃんが、スーパーのチラシを見比べて、遠くても1円でも安いスーパーに買い物に行ってる姿を見ています。

夜7時になれば、お惣菜が半額になる、そのために。多くの人が並んで待っていること。

お金持ちの安倍さんも麻生さんも年金がどんなに大事かご存じない。

ふつうの人が、当たり前に、生活している暮らしを守りたい。

まじめに、一生懸命、清らかに生き抜いている皆さんの声を、
私、岸本周平に、代弁させてください。

なんでも強行採決する、そんな乱暴な政治をストップさせるために
私は野党再編を諦めるつもりはありません。

今年2月に亡くなった母親の遺品になかに、1冊の大学ノートがありました。
小さな字で、びっしりと、たくさんの名前と電話番号が書いてありました。
決して上手ではないけれど、几帳面な母の字でした。

選挙のたびに、電話をかけてくれたことがわかりました。
私には、そんなこと一度も言わなかった。心配かけてたんやなあと、涙が出ました。

今回、その名簿を見た皆さんがボランティアで電話をかけてくれることになりました。

大勢の皆さんに、、岸本はブレた。嘘つきだとさんざんに言われているのに、
「周平さん、がんばれ」と、母と同じように電話をかけてくれていることに、
私はどう恩返しをすれば良いのでしょうか

私は絶対に負けられません。

無欲の志でこれだけ応援をいただいている以上、岸本周平、勝って、国会に行って、責任を果たさなければならないのです。

ここで岸本周平は終わりません。野党再編成は終わりません。
今夜の午後零時まで、命をかけて戦います。

皆さんのお力を貸してください。どうぞよろしくお願い申し上げます。

私の選挙公報

2017年10月15日

活動ブログ
一覧へ

勝利宣言

2017年10月22日