議員外交の醍醐味―日韓・韓日議員連盟の成果

(日韓議員連盟終了後の記念撮影。)

 日韓の首脳会談が行われないという異常な事態が続いています。政府間ではなかなか打開の糸口が見つかりません。

 こういう時こそ、議員外交の出番だと考えています。

 その意味で、10月24日(金)、25日(土)の二日間、ソウルで開かれた第37回日韓・韓日議員連盟の総会が開催されたことは時宜を得たものだと思います。

 日本からは超党派の議員団が30名参加。私も議連の事務局長代理として出席しました。

 今回は、額賀福志郎会長をはじめ議連の代表団とパク・クネ大統領との会談を行うことができました。韓日議員連盟のソ・チョンウオン会長も同席していただきました。

 パク大統領からは、「両国の象徴的懸案が慰安婦問題であり」、この問題の解決は「雨降って地固まる」のとおりの強固な関係をつくることになるとの言及がありました。

 額賀会長からは、「慰安婦問題に関し、、、、安倍総理は村山談話と河野談話を継承する旨公式に述べている。したがって両国首脳が会い、問題解決のための政治的意志と指針を与えることが良いと思う。」と対応。

 その後の議員連盟の会議では、37回の歴史の中で初めて慰安婦問題を議題にしまいsた。

 そして、共同声明では「両国議員連盟は、歴史問題の象徴的な懸案である慰安婦問題において正しい歴史認識のもとで、当事者達の名誉回復と心の痛みを癒すことが出来るような措置が早急に取られるように日韓双方が共に努力することにした。」と発表するなど大きな成果を上げることができました。

(法的地位委員会のウ・ユングン委員長を囲んで、記念撮影。)

 分科会の議論では、私は法的地位委員会に所属し、永住外国人の地方参政権問題や、ヘイトスピーチの問題点などについて、本音の議論を交わすことができました。

 ランチタイムや夕食の時間には、旧知の韓国の国会議員と友好を確かめることもできましたし、議員外交の重要性を実感した2日間となりました。

 最後に、日韓議員連盟終了後の共同記者会見に事務局長代理として参加し、説明をしました。

 来年の東京での38回総会に向けて、一歩ずつ前進をしていきます。

(日韓議員連盟終了後の共同記者会見。)